« 明日(7月20日)の競馬 | トップページ | 第12回マーキュリーカップの回顧 »

2008年7月20日 (日)

今日(7月20日)の回顧

 夏の風物詩となった新潟直線1000mで行われた第8回アイビスサマーダッシュ(3歳上G3・芝直1000m)は、まずまずのスタートを切り、自分のポジションをキープしたカノヤザクラ(牝4・橋口)が、残り200m辺りで、他馬が脱落しバラけたところで外ラチ沿いを逃げるサープラスシンガー(牡4・宗像)の内に出し、しっかりと伸び切り重賞初勝利を飾っています。タイムは54.2(良)。2着には、馬場の真ん中を良く伸びて来たシンボリグラン(牡6・畠山吉)。3着にはシンボリグランと馬体を併せて伸びたアポロドルチェ(牡3・堀井)が入っています。

1着のカノヤザクラは、心配されたスタートを5分に出た事が勝因と言えそうですね。開幕週の開催と言うことで、どうしても外にと言う馬が少なかったですね。この勝利をキッカケに更に上を目指してもらいたいですね。

私の本命のシンボリグランは2着。良く伸びてはいるんですが、後一歩でしたね。1000mも合っていますし、こちらも、このレースをキッカケにしてもらいたいですね。

3着のアポロドルチェは、とにかく体調が良くなった事で、短距離ならば、しばらくは芝・ダート問わず好走出来そうですね。

 続いて、函館9Rマリーンステークス(3歳上OP・ダート1700m)は、中団を追走していたトーセンブライト(牡7・加藤征)が、3~4コーナーで、1番人気のフェラーリピサ(牡4・白井)よりも一足速く自ら動いて、直線アドマイヤスバル(牡5・中尾秀)を競り落とし、追いすがるフェラーリピサを最後まで寄せ付けずに完勝。タイムは1.44.5(良)。2着には、中団追走から、直線良く追い上げたフェラーリピサ。3着には、3番手追走から粘りこんだアドマイヤスバルが入っています。

1着のトーセンブライトは、今年に入って更に力を付けた印象のレースが続いていましたが、今日も58キロを背負いながらも、強い内容のレースを見せましたね。重賞のタイトルに手の届くところまで来た印象ですね。

2着のフェラーリピサは、結果的には若干仕掛けが遅れた印象ですが、1キロ重い勝ち馬とほぼ同じレースですから、今日は完敗と言えそうです。

私の本命のアドマイヤスバルは3着。もう少し踏ん張れるかと思いましたが、休み明けの分でしょうかね。次走以降の巻き返しに期待ですね。

今日の注目馬

新潟9R⑤イケトップガン(牡4・石毛)は4着。馬体を併せての追い比べの形になれば、もう少し伸びたのかなと思いますね。距離の2000mはこなせる範囲ですが、1800mがベストではありますね。

小倉10R④オースミマーシャル(牡3・中尾正)は11着。後方追走から見せ場無しでしたね。今の状態で2歳時の走りを期待するのは酷なのかも知れませんね。

 函館6R3歳未勝利戦(芝1800m)をマイネルオール(牡3)で制した佐々木晶三調教師が現役77人目となるJRA通算300勝を達成されています。おめでとうございます。

 また、小倉4R2歳新馬戦(芝1200m)でシゲルアソサン(牡2・松永幹)に騎乗した角田騎手が騎乗停止の処分を受けています。期間は開催日2日間となっています。

 それでは、1週間頑張りましょう^^。

|

« 明日(7月20日)の競馬 | トップページ | 第12回マーキュリーカップの回顧 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(7月20日)の回顧:

« 明日(7月20日)の競馬 | トップページ | 第12回マーキュリーカップの回顧 »