« 明日(6月28日)の競馬 | トップページ | 明日(6月29日・宝塚記念)の競馬 »

2008年6月28日 (土)

今日(6月28日)の回顧

 お天気の心配された今日の開催でしたが、阪神競馬場は時折小雨がパラつくものの、終日、芝・ダートともに良でレースが行われています。阪神はこれから雨が降る予報なので、明日の馬場状態が気になるところですね。それでは、今日の回顧です

 福島11R安達太良S(3歳上1600万下・ダート1700m)は、1番人気に推されたシルクウィザード(牡5・鮫島)が3、4番手の内々追走から、直線余裕を持って抜け出し、着差以上に強いレース振りを見せての快勝。タイムは1.44.5(良)。2着には、3番手の外目追走から、最後まで良く伸びたダノンビクトリー(牡7・小崎)。3着には、シルクウィザードの直後を追走から上手く内を捌いて伸びて来たセレスケイ(牡5・和田)が入っています。

1着のシルクウィザードは、文句の付けようの無いレース振りでしたね。上のクラスでも十分通用しそうなだけに、今後のレースでも注目ですね。

2着のダノンビクトリーは、長期休養明けの前走でもしぶといレースを見せましたが、今回も外々を回りながらも最後までしぶとい伸びでしたね。7歳馬ですが、数を使われていませんし、今は具合が良さそうなので、次走以降も注目ですね。

3着のセレスケイは、最近は1600m以上で好結果が出ていませんでしたので、距離的にどうかと思いましたが、内々を上手く立ち回る器用さを見せて直線良く伸びましたね。ただ、今日はベストのレースが出来ただけに、次走以降も1700mでコンスタントに走れるかどうかは微妙ですね。

私の本命マルカシリウスは15着。なんとか先手は取ったものの、エイシンイダテン(牡5・野元)に早めにこられる厳しい展開で早々に脱落。まだ、準OPで通用するスピードが足りない様で、余程展開に恵まれないと厳しそうですね。

 続いて、阪神10R安芸S(3歳上1600万下・ダート1200m)は、1番人気に推されたルミナスポイント(牝5・安田隆)が、中団馬群の中を追走から、3~4コーナーで最内を上手く立ち回り、直線も最内から鋭い伸びを見せての快勝。タイムは1.10.9(良)。2着には、中団外目追走から自力で外を上がって行き、直線最後まで良く伸びたグリーンアラモード(牡5・畠山吉)。3着には、先行して、最後までしぶとく粘ったチャレンジシチー(牡6・作田)が入っています。

私の本命ルミナスポイントは1着。馬体重が増えたのは好材料でしたね。なかなか勝てなかった馬ですが、勝つ時はすべてが上手くいくものですね。ダート短距離ならば上のクラスでも十分通用する能力を持っていますので、次走以降に期待したいですね。

2着のグリーンアラモードは、スタートでやや遅れ、3~4コーナーで自ら動いて行って、更に直線もしぶとい伸びを見せる強い内容だったと思います。馬体が絞れていたのが良かったのでしょうね。コレだけの競馬が出来れば、次走が楽しみですね。

3着のチャレンジシチーは、休み明けでしたがキッチリ仕上がっていましたね。道中の追走にも余裕があり、直線もしぶとい走りでしたね。ここに来て馬が力を付けている印象で次走以降も注目ですね。

今日の注目馬

函館6R③シーエンプレス(牝3・松元)は2着。少し間隔が空いて+12キロと明らかに太く見えましたが、レースでは後方追走から4コーナーで一気に仕掛け、大外にかなり振られながらも最後まで良く伸びて、能力の高さを見せましたね。順調にさえ行ければ未勝利はすぐに脱出出来るでしょう。

函館11R④ヒシアスペン(牝4・佐山)は11着。先手を取りましたが、1位入線後降着となったロリンザーユーザー(牡4・池江寿)に早めにこられ、厳しい展開となりました。4コーナーの不利が無くても結果は変らなかったでしょう。休養明けでしたから、次走変わる余地はあるものの、現状では去年の様なレースを期待するのは酷かも知れませんね。そして、このレースでロリンザーユーザーに騎乗していた秋山騎手が、騎乗停止の処分を受けています。 追記=秋山騎手の騎乗停止の期間は開催日4日間となっています。

 それでは、また後ほど^^。

|

« 明日(6月28日)の競馬 | トップページ | 明日(6月29日・宝塚記念)の競馬 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(6月28日)の回顧:

« 明日(6月28日)の競馬 | トップページ | 明日(6月29日・宝塚記念)の競馬 »