« 今週はG1・第49回宝塚記念 | トップページ | 第31回帝王賞の回顧 »

2008年6月24日 (火)

先週(6月21、22日)勝ち上がった2歳馬紹介

 まずは、宝塚記念に出走を予定していたカワカミプリンセス(牝5・西浦)が、腰と右後肢に筋肉痛を発症した為に、宝塚記念を回避することが発表されています。しばらく様子を見た後に今後の予定を決めるようです。出走回避は残念ですが、大きな怪我でなくて良かったですね。じっくりと立て直してもらいたいですね。

 それでは、先週の2歳戦の勝ちあがり馬の紹介です。

6月21日(土)函館5R 芝1000m

ベルシャルル(牝2・田所)武幸四郎騎手・54キロ

タイム57.5(良)/上がり34.7

2着馬ディアディアレ(-0.7)/馬体重450キロ

鹿毛/06年3月2日生まれ/生産・上山牧場

コロナドズクエスト フォーティナイナー Mr. Prospector
File
Laughing Look Damascus
Laughter
ティリオブストラッフォード Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Deviltante Devil's Bag
Born a Lady

好スタートから二の脚が速く、持ったままスピードの違いを見せての完勝でした。

6月21日(土)福島6R 芝1000m 

コスモユウコリン(牝2・堀井)吉田隼騎手・54キロ

タイム57.1(良)/上がり33.5

2着馬アーバンテースト(-0.1)/馬体重468キロ

青毛/06年4月18日生まれ/生産・ビッグレッドファーム

マイネルラヴ Seeking the Gold Mr. Prospector
Con Game
Heart of Joy Lypheor
Mythographer
ユウコウターナ ターナボス Blakeney
Stilvi
ユウコウルビー ラデイガ
ユウコウ

スタート後のスピードの乗りが悪く後方を追走。直線向いてから新馬戦をは思えない末脚を繰り出し見事な差し切り勝ち。吉田隼騎手のコメントでは、多少内にモタれていた様です。次走が楽しみですね。

6月21日(土)阪神4R 芝1600m(混)

ツルマルジャパン(牡2・坂口則)武豊騎手・54キロ

タイム1.35.4(稍重)/上がり35.3

2着馬セイウンワンダー(-0.1)/馬体重466キロ

青毛/06年4月13日生まれ/生産・駿河牧場

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
メモリーズオブロニー Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Pass Away Swing Pass
Reelaway

ポンと飛び出し先手を奪い、直線セイウンワンダーが詰め寄ったものの、最後まで抜かせないしぶとさが光りましたね。

6月22日(日)函館5R 芝1200(混)

コパノマユチャン(牝2・作田)横山典騎手・54キロ

タイム1.10.0(良)/上がり35.8

2着馬ナムラミーティア(-0.9)/馬体重426キロ

栗毛/06年3月24日生まれ/生産・高岸牧場

プリサイスエンド End Sweep Forty Niner
Broom Dance
Precisely Summing
Crisp ’n Clear
グラヴィール トニービン Kampala
Severn Bridge
クライングフォーモア Always Run Lucky
Old Stuff

好スタートから、無理せず先団を見る形で折り合いを付け、4コーナーでジワッと進出。直線あっさり抜け出すと最後は抑えてのゴール入線となる強い競馬。横山典騎手が幼稚園児の中に小学生が混じったような物と表現したのがピッタリで、現時点での完成度は高いですね。

6月22日(日)福島6R 芝1200m(混)

バイラオーラ(牝2・後藤)千葉騎手・51キロ

タイム1.10.7(良)/上がり35.8

2着馬エストシャイン(-0.3)/馬体重422キロ

栗毛/06年4月2日生まれ/(有)社台C白老ファーム

トワイニング Forty Niner Mr. Prospector
File
Courtly Dee Never Bend
Tulle
バイラリーナ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダンシングアウンティー Nureyev
Aunt Carol

他馬のダッシュが速く、馬ごみの中でのレースでしたが、まったく苦にせず直線を向くところで外にだし、鋭い伸びを見せての差し切り勝ち。サンデーの肌にトワイニングの配合は昨年2歳戦で活躍したフサイチアソートやドリームガードナーがいますね。どちらも3歳になってからの成長が見られないところが気になりますね。

6月22日(日)阪神4R 芝1200m

シルクドミニオン(牡2・坂口大)浜中騎手・53キロ

タイム1.11.8(稍重)/上がり36.5

2着馬ヨシノアツヒメ(-0.5)/馬体重438キロ

栗毛/06年4月23日生まれ/生産・千代田牧場

キングヘイロー ダンシングブレーヴ Lyphard
Navajo Princess
グッバイヘイロー Halo
Pound Foolish
ボヘミアグラス Soviet Star Nureyev
Veruschka
リーディングロウル ターゴワイス

ビクトリアクラウン

好スタートを切り、押しながら先手を取りに行きましたが内のヨシノアツヒメの方が速く、2番手に控えたところに、外からこられデビュー戦にしては苦しい展開も、直線の坂のあたりからグイグイと力強い伸びでの勝利となっています。

|

« 今週はG1・第49回宝塚記念 | トップページ | 第31回帝王賞の回顧 »

競馬」カテゴリの記事

2歳勝ちあがり馬紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先週(6月21、22日)勝ち上がった2歳馬紹介:

« 今週はG1・第49回宝塚記念 | トップページ | 第31回帝王賞の回顧 »