« 明日(5月10日)の競馬 | トップページ | 明日(5月11日・NHKマイルカップ)の競馬 »

2008年5月10日 (土)

今日(5月10日)の回顧

 京都11R第56回京都新聞杯(3歳G2・芝2200m)は、道中先行する各馬の直後を追走したメイショウクオリア(牡3・西橋)が直線、馬場の中ほどを力強く伸び、ゴール前3頭の叩き合いを制して重賞初制覇を飾りました。タイムは2.18.4(稍重)。2着には、道中、メイショウクオリアの内を追走し、直線しぶとく伸びたロードアリエス(牡3・藤原英)。3着には、逃げて最後までしぶとく粘ったマイネルローゼン(牡3・宮)が入っています。

1着のメイショウクオリアは、今日の様な馬場は得意とは言え、強い内容だったのではないでしょうか。前走で一皮剥けた印象でしたが、着実に自分の物にしているようですね。次走はおそらくダービーでしょうが、距離の不安も無いですし、食い込む余地は十分ではないでしょうか。

2着のロードアリエスは、これがデビュー3戦目とは思えないレース振りでしたね。賞金的にはダービーは難しいですが、秋以降の活躍が期待されますね。

3着のマイネルローゼンは、上手いペースで逃げましたが、僅かに交わされての3着。2200mのレース経験の豊富さが生きた感じですね。まだまだ、これから良くなる余地は有りそうですし、距離も伸びても良いのではないでしょうか。

私の本命ポーラーライツ(牡3・池江郎)は11着。スローペースで先行有利、外を回った馬は全滅のレースで厳しいレースとなりましたね。これからの成長に期待したいですね。

 続いて、新潟11R第30回新潟大賞典(4歳上G3・芝2000m・ハンデ)は、後方2番手でじっくりと脚を溜めていたオースミグラスワン(牡6・荒川)が直線を向いて追い出されると1頭だけ違う伸びを見せ、前を行く各馬をあっさり抜き去り、もつれる2着争いを尻目に悠々とゴールを駆け抜け一昨年のこのレース以来の重賞2勝目を飾っています。タイムは1.58.5(良)。私の本命マンハッタンスカイ(牡4・浅見)が、2、3番手追走から直線最内を付いて抜け出し最後まで粘り通して2着。3着には、先行し、直線ジリジリと伸びたフィールドベアー(牡5・野村)が入っています。

1着のオースミグラスワンは、2年前の状態に完全に戻ったようですね。また、東京、京都と雨模様のなか新潟は唯一雨が降らなかった事も、この馬にとってはラッキーでしたね。それにしても、上がり3ハロンで使った末脚が31秒9とは・・・。今後のレースが楽しみになるような圧勝劇でしたね。

2着のマンハッタンスカイは、先行して抜け出すパターンで追い出しをギリギリまで我慢した様に思いましたが勝ち馬が強すぎましたね。この馬自身33秒1で上がっており、力を付けている事は確かで、今後のレースも楽しみですね。

3着のフィールドベアーは、決め手勝負になると厳しいのではと思いましたが、速い時計のレースに対応出来たのは収穫ですね。確実に力を付けていますし、2000mぐらいの距離が合っているようですね。

 続いて、東京11RプリンシパルS(3歳OP・芝2000m)は、道中後方3番手を追走していたベンチャーナイン(牡3・小桧山)が、直線馬場の真ん中を伸びて、逃げて粘るアグネススターチ(牡3・大根田)を半馬身捕らえて1着でダービーへの切符を手に入れました。タイムは2.01.5(稍重)。2着には、逃げて最後までしぶとく粘った18番人気のアグネススターチ。3着には、中団前目の追走から直線もしぶとく伸びたヤマニンキングリー(牡3・河内)が入っています。尚、上位の2頭にはダービーの優先出走権が与えられます。

1着のベンチャーナインは、弥生賞、スプリングS、皐月賞の大敗で、人気を落としていましたが、府中の2000mはこの馬の末脚を生かすにはもってこいの舞台でしたね。距離が伸びる本番も自分の競馬をするだけでしょうね。

2着のアグネススターチは、ハナを奪いきったことが好結果に繋がりましたね。また、今日の様な馬場も向いていたのでしょう。こちらも本番では自分の競馬に徹するだけでしょうね。

3着のヤマニンキングリーは、まったく無理せずに前目のポジションを取り、直線を向く辺りでは3番手。そこからジワジワと伸びましたが今日の様な馬場では3着が精一杯でしょうか。欲を言えば、何かこれと言った特徴が欲しいところでしょうか。

私の本命のダイワワイルドボア(牡3・上原)は、中団追走から直線外に持ち出して追われましたがジリジリとしか伸びず、今日の様な馬場は向いていないのでしょうか。次走での巻き返しに期待したいですね。

今日の注目馬

京都10R⑯ラインドライブ(せん5・久保田)は3着。馬体重の-10キロは意外でしたが、1400mの距離でキッチリと変わり身を見せましたね。大外枠だった事も、この馬には良かったのではないでしょうか。

京都12R⑤モンサンミシェル(牝4・鶴留)は8着。勝負処での反応がまだ悪かったですね。もう少し走れる馬だと思うのですが、本調子には戻っていなかったようです。

京都3R3歳未勝利戦(ダート1800m)をフォーティファイド(牡3・石坂)で制した武豊騎手が京都競馬場での通算勝利数を1000勝としています。京都競馬場1000勝は史上初の記録となるようです。通算1000勝でも相当凄い記録ですが、京都競馬場だけで1000勝とは^^;。さすがとしか言い様がありませんね。おめでとうございます。ちなみに阪神競馬場では957勝で、こちらももうすぐ1000勝となるようですね。

 それでは、また後ほど^^。

|

« 明日(5月10日)の競馬 | トップページ | 明日(5月11日・NHKマイルカップ)の競馬 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(5月10日)の回顧:

« 明日(5月10日)の競馬 | トップページ | 明日(5月11日・NHKマイルカップ)の競馬 »