« 明日(3月15日)の競馬 | トップページ | 明日(3月16日)の競馬 »

2008年3月15日 (土)

今日(3月15日)の回顧

 中京競馬場で行われた第22回ファルコンS(3歳G3・芝1200m)は、後方待機から、直線大外に持ち出した1番人気のダノンゴーゴー(牡3・橋口)が上がり34秒1の末脚で差し切り、鞍上の武豊騎手にバースデイプレゼントを贈ると共に、自身も連勝での初重賞制覇を飾りました。タイムは1.09.0(良)。2着には、中団から差して来たマルブツイースター(牡3・中尾正)が入り、今日は早目の競馬をしたルルパンブルー(牝3・坂本)がしぶとく粘り3着に入っています。

私の本命ダノンゴーゴーは1着。今日も前走と同じく後方でジックリと構えてのレース。小回りを意識してやや早めに上がって行きましたが、直線大外に持ち出すと矢の様な伸びを見せました。1200mでの強さは圧倒的ですね。ただ、これから距離の伸びるレースに使われると思いますが、今までのレース振りを見ると1200mとそれ以外のレースではまったく違うレース振りを見せていますので、1200m程の内容を見せれるかどうかは微妙ですね。

2着のマルブツイースターは、この馬自身は完璧なレース振りだったと思いますが、勝ち馬が強すぎましたね。この馬も距離が伸びてパフォーマンスが上がるとは言い辛く、秋までは苦戦が続くかもしれませんね。

3着のルルパンブルーは、ファンタジーSでの後方待機とはうって変わって先行策。1200mで速いペースにもかかわらず行きたがる素振りも見せていながら、最後までしぶとい粘りでした。こちらも1200mでこその馬で、レース選択が難しいですね。

ダートで3連勝中のシルクビッグタイム(牡3・久保田)は7着。先行勢には厳しい流れでしたし、今日の1戦だけ芝適正は計れませんね。ただ、ダートでは、あまりにも強い内容だけに・・・。レース選択が注目されます。

 続いて、桜花賞への2枚の切符を賭けた中山10RアネモネS(3歳牝OP・芝1600m)は、後方追走から3~4コーナーで外目中団まで上がって行ったソーマジック(牝3・田村)が、直線外から力強く抜け出し、外から追いすがるシャランジュ(牝3・本間)の追撃をを3/4馬身退け、3連勝で桜花賞へと名乗りを上げました。タイムは1.36.0(稍重)。2着には、後方待機から直線よく追い込んだシャランジュ。3着には、内々を上手く立ち回ったメイショウマリア(牝3・小島太)が入っています。尚、上位2頭には、桜花賞の優先出走権が与えられます。

1着のソーマジックは、展開が向いたにしろ、この馬自身は強い内容でしたね。長くいい脚を使っていますし、なによりレースのしやすそうな馬で、これは大きな武器となりそうですね。

2着のシャランジュは、久しぶりにこの馬らしい末脚を披露しましたね。末脚にはいい物がありますので、それが生きる展開ならと言ったところでしょうか。

3着のメイショウマリアは、キャリア3戦目とは思えないセンスのある走りっぷりでしたね。これからドンドン良くなって行きそうな馬で、今後のレース振りに注目です。

今日の注目馬

中山11R③ゼンノコーラル(牡7・中竹)は1着。前走の再現のようなレース振りでした。北村騎手もロスなく完璧な騎乗でしたね。これで1200mがピッタリな条件だと言えるのではないでしょうか。

阪神6R⑤ツルマルウンニャ(牡3・橋口)は8着。途中までは良い感じでしたが、直線向いて手応えほど伸びませんね。前走のダートでの上がって行き方を見ると、現状はダートの方が良さそうです。

阪神11R⑫フィールドベアー(牡5・野村)は7着。昨日、距離延長と書きましたが、勘違いでした。すみません^^;。レースは直線を向いてヨーイドンの競馬となり、この馬には一番不向きな展開。それでも最後までしぶとく伸びており、力をつけている事は確かでしょう。距離はもう少し長い方がいいのではないでしょうか。

 ドバイ遠征の各馬がドバイに向けて出発したようですね。レースまで、無事に良い状態でレースに臨める事を期待したいですね。

 それでは、また後ほど^^。

|

« 明日(3月15日)の競馬 | トップページ | 明日(3月16日)の競馬 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(3月15日)の回顧:

« 明日(3月15日)の競馬 | トップページ | 明日(3月16日)の競馬 »