« 明日(2月16日)の競馬 | トップページ | 明日(2月17日)の競馬 »

2008年2月16日 (土)

今日(2月16日)の回顧

 今日は無事に開催が行われましたね。まずは、京都11RすばるS(4歳上OP・ダート1400m・ハンデ)からです。レースは道中中団の外目を追走していたゼンノパルテノン(牡6・松永昌)が直線外から一気に差し切って1着。タイムは1.22.7(稍重)。私の本命トーセンブライト(牡6・加藤征)が内々を上手く捌いて2着に入り、3着には2番手から粘り込んだマイネルスケルツィが入っています。

1着のゼンノパルテノンは、パドック周回から目立つほどの体調の良さでした。ここに来て力を付けているのに加えて、得意ともいえる京都1400mでハンデ54キロを上手く活かした印象ですが、それにしても破格の末脚でしたね(ラスト3ハロン35秒9)。この後、放牧に出されるようですが、今後のレースが楽しみになる内容でしたね。

2着のトーセンブライトは、1400mで内枠だとレースが上手ですね。ラチ沿いピッタリと回ってキッチリとこの馬の力は出していると思います。今日は相手が強かったですね。

3着のマイネルスケルツィは、1000m通過が58秒1の流れを2番手で追走し、持ったままで先頭に立ちましたがさすがに最後は苦しくなりましたね。ただ、内容的にはかなり強い競馬だったのではないでしょうか。やはり右回りの方が力を出せるのでしょうね。今後のレース振りに注目ですね。

 続いて、東京11RバレンタインS(4歳上OP・芝1400m・ハンデ)は、後方2番手追走のナスノストローク(牡7・加用)が直線大外からまとめて交わして1着。タイムは1.21.3(良)。2着には、先行馬を見る5番手から直線上手く抜け出したワイルドファイヤー(牡9・柄崎)。3着には、逃げて粘ったマイネルレーニア(牡4・西園)が入っています。

1着のナスノストロークは、ディッセンバーS辺りから調子が良くなって来ていたのでしょうね。今日使った末脚はラスト3ハロン33秒2と強烈でした。次はこの勢いで重賞を狙いたいですね。

2着のワイルドファイヤーは、9歳馬ながらも、ここに来ての充実振りには驚かされますね。上手く先行勢を見るポジションを取り、直線では他馬が外に行き空いた内のスペースを見事に突いた中舘騎手の好騎乗もありました。今の調子を維持すれば重賞でもチャンスはあるのではないでしょうか。

3着のマイネルレーニアは、東京1400mでは走りますね。-10キロと馬体が絞れていたのも好走材料ですね。最後のひと踏ん張りが効いて3着に粘りこみました。

私の本命で1番人気だったマヤノライジン(牡6・梅内)は5着。良い感じで中団前目を追走して、直線もしぶとく伸びて来ましたが、1400mの瞬発力勝負では分が悪かった様ですね。1600mがベストの様ですが、それでも今の出来の良さもあり、大崩しない辺りはさすがですね。今の体調を維持出来ればチャンスは来るでしょう。

今日の注目馬

東京10R⑧ミルクトーレル(牝4・昆)は3着。いつもの様に後方待機。4コーナーから直線にかけて、すぐ横に居たハロースピード(牝4・相沢)に上手く回られ、仕掛けるタイミングが少し遅れてしまいましたね。それでも、最後まで良く伸びました(ラスト3ハロン33秒8)。展開ひとつでチャンスは十分だと思います。

東京12R①サクセスサーマル(牡4・久保田)は12着。ゲートで長く待たされ、首を上下に振ってイラついている感じでした。なんとか五分に出たものの、頭を上げてダッシュが着かず後方となり、厳しくなってしまいました。スタート後が芝と言うのも良くないかも知れませんね。

京都9R⑪ミスズアロハ(牝4・加藤敬)は13着。まずまずの位置を追走できましたが、久々で、外目を通った為、息切れしてしまいましたね。元々、綺麗な馬場の方が得意なので次の阪神、中京開催のはじめに出てくると面白そうです。

 それでは、また後ほど^^。

|

« 明日(2月16日)の競馬 | トップページ | 明日(2月17日)の競馬 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・今日の回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(2月16日)の回顧:

« 明日(2月16日)の競馬 | トップページ | 明日(2月17日)の競馬 »