« 年明けは中山金杯から | トップページ | JRAプレミアム »

2008年1月 1日 (火)

京都では京都金杯

 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

 さっそくですが、1月5日(土)に京都競馬場で行われる第46回京都金杯(3歳上G3・芝1600m・ハンデ)から今年の競馬は始まります。2000年から距離が1600mに変更となり、マイル路線で飛躍を目指す馬達が集まるレースとなっています。今年はフルゲート16頭に41頭の登録があり、登録馬は以下の通りです。

出走可能な順

エイシンドーバー(牡6・小崎)58キロ、ジョリーダンス(牝7・堀)56キロ、エイシンデピュティ(牡6・野元)57キロ、ディアデラノビア(牝6・角居)56.5キロ、アドマイヤオーラ(牡4・松田博)57キロ、サイレントディール(牡8・池江郎)55キロ、タマモホットプレイ(牡7・南井)56キロ、フサイチホウオー(牡4・松田国)56キロ、イクスキューズ(牝4・藤沢和)54キロ、キンシャサノキセキ(牡5・堀)57キロ、オースミダイドウ(牡4・中尾正)55キロ、サクラメガワンダー(牡5・友道)57.5キロ クランエンブレム(牡4・手塚)53キロ、フィールドベアー(牡5・野村)55キロ、カネトシツヨシオー(牡5・野村)55キロ、セトノゼディタブ(牡6・南井)53キロ、リキッドノーツ(牡7・二ノ宮)55キロ、リザーブカード(牡5・栗田)55キロ、マイネルフォーグ(牡4・宮)54キロ、ナスノストローク(牡7・加用)54キロ、マイネルレーニア(牡4・西園)54キロ、ワイルドシャウト(牡7・和田)56キロ、セフティーエンペラ(せん9・小野)53キロ、メイショウレガーロ(牡3・小島太)54キロ、コスモシンドラー(牡6・加用)54キロ、ブラックタイド(牡7・池江郎)56キロ、アルビレオ(牡8・白井)54キロ、ステキシンスケクン(牡5・森)56キロ、サイキョウワールド(牡6・坂口大)54キロ、マイネルハーティー(牡6・中村均)54キロ、スクールボーイ(牡8・小林)50キロ、テイエムプリキュア(牝5・五十嵐)50キロ、ファイングレイン(牡5・長浜)56キロ、トールハンマー(牡8・二ノ宮)54キロ、コスモラブシック(牡9・沢)50キロ、スターイレブン(せん8・松元茂)53キロ、ブラックカフェ(牡8・小島太)54キロ、マヤノライジン(牡7・梅内)56キロ、ワイルドスナイパー(牡9・作田)52キロ、メテオバースト(牡7・萩原)55キロ、マイネルポライト(牡5・西浦)54キロとなっています。

現在の所、ジョリーダンスとイクスキューズが回避予定となっており、リザーブカードまでが出走可能となっています。

骨折からの休み明けとなった鳴尾記念で3着と地力をアピールしたアドマイヤオーラを中心に、G3ならば力上位のエイシンドーバーとエイシンデピュティ。春には引退が決まっており、1つでもタイトルを増やしたいディアデラノビア。キャピタルS勝ちで勢いにのるキンシャサノキセキ。去年は賞金が足りず悔しい思いをしたサクラメガワンダー、遂にオープンに上がって来たリキッドノーツなど今年のマイル路線を賑わせそうな馬達が集まっています。

 有馬記念を制したマツリダゴッホ(牡5・国枝)は、ドバイ→香港→宝塚記念のローテーションになるようです。ドバイはワールドカップ(ダート2000m)、デューティフリー(芝1777m)、シーマクラシック(芝2400m)に登録予定で、調教でのダートの走りが素晴らしいと言う事でダート2000mのドバイワールドカップが有力なようです。今年のドバイには、日本勢が大挙押し寄せる事になりそうですね(日本のG1が心配ですが^^;)。  

|

« 年明けは中山金杯から | トップページ | JRAプレミアム »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都では京都金杯:

« 年明けは中山金杯から | トップページ | JRAプレミアム »