« 京都では、G3京都牝馬S | トップページ | 第57回川崎記念の回顧 »

2008年1月29日 (火)

土曜日東京では、G3東京新聞杯

 今週の土曜日(2月2日)には、東京競馬場で第58回東京新聞杯(4歳上G3・芝1600m)が行われます。このレースの勝ち馬には後にG1のタイトルを手にした馬も多く(過去10年で4頭キングヘイロー・アドマイヤコジーン・ハットトリック・スズカフェニックス)、短距離・マイル路線の重要なレースと言えそうですね。今年はフルゲート16頭に34頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りです。

出走可能な順

エイシンデピュティ(牡6・野元)58キロ、ジョリーダンス(牝7・堀)55キロ、ピンクカメオ(牝4・国枝)55キロ、コイウタ(牝5・奥平)54キロ、カンパニー(牡7・音無)58キロ、ローレルゲレイロ(牡4・昆)57キロ、サイレントプライド(牡5・国枝)56キロ、コスモマーベラス(牝6・中村)55キロ、ハイアーゲーム(牡7・大久保洋)56キロ、シンボリグラン(牡6・畠山)57キロ、トウショウヴォイス(牡6・小桧山)56キロ、マイケルバローズ(牡7・藤沢則)56キロ、マイネルスケルツィ(牡5・稲葉)56キロ、タニノマティーニ(牡8・須貝)56キロ、ピサノパテック(牡6・藤沢和)56キロ、リキッドノーツ(牡7・二ノ宮)56キロ。

除外対象馬(回避が出た場合の繰り上がり順) 

アポロノサトリ(牡5・堀井)56キロ、カネトシツヨシオー(牡5・野村)56キロ、サトノスローン(牡5・藤沢和)56キロ、ダイレクトキャッチ(牡4・上原)56キロ、リザーブカード(牡5・栗田)56キロ、フジサイレンス(牡8・田子)56キロ、タマモサポート(牡5・藤岡健)56キロ、ヤマニンアラバスタ(牝7・星野)54キロ、エアアドニス(牡6・伊藤正)56キロ、ヨイチサウス(牡7・菅原)56キロ、ワイルドファイヤー(牡9・柄崎)56キロ、アルビレオ(牡8・白井)56キロ、フィフティーワナー(せん6・安田隆)56キロ、ゴールドアグリ(牡4・戸田)56キロ、トールハンマー(牡8・二ノ宮)56キロ、ブラックカフェ(牡8・小島太)56キロ、マヤノライジン(牡7・梅内)56キロ、メテオバースト(牡7・萩原)56キロ

の順となっています。

京都金杯を制し勢いの戻ったエイシンデピュティを中心に、休み明けとなるものの、G3では力が上のカンパニーや安田記念3着など切れ味鋭いジョリーダンス。昨年、府中のG1を制したピンクカメオとコイウタの巻き返し、距離短縮で見直したいサイレントプライド、前走で復調気配を見せたローレルゲレイロなど、好メンバーが揃いましたね。

 明日、川崎競馬場で行われる川崎記念(4歳上G1・ダート2100m)に出走を予定していたサンライズバッカス(牡6・音無)が右肩跛行の為出走を取り消しています。また、昨日出走を取り消したヴァーミリアン(牡6・石坂)はフェブラリーSからドバイに向かうようです。

 そして、今日は川崎記念の行われる川崎競馬場で、全国から14名の名手が集まり第6回佐々木竹見Cジョッキーズグランプリが行われ、第1戦のマイスターチャレンジ(ダート1500m)を制し第2戦のヴィクトリアチャレンジ(ダート2100m)を3着とまとめた岩手の菅原勲騎手が83Pで総合優勝を飾りました。2位には愛知の岡部誠騎手72P。3位には大井の戸崎圭太騎手65Pが入っています。JRAから参加した後藤騎手は1戦目6着、2戦目2着で総合4位の54P。武豊騎手は1戦目7着、2戦目11着で総合9位の18Pでした。

 

|

« 京都では、G3京都牝馬S | トップページ | 第57回川崎記念の回顧 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日東京では、G3東京新聞杯:

« 京都では、G3京都牝馬S | トップページ | 第57回川崎記念の回顧 »