« 今週はG3シンザン記念 | トップページ | ウオッカもドバイに登録 »

2008年1月 8日 (火)

中山では、G3ガーネットS

 今週の日曜日(1月13日)に、中山競馬場でフェブラリーS・G1に向けた1戦、第12回ガーネットS(4歳上G3・ダート1200m・ハンデ)が行われます。今年は地方馬3頭、JRA所属馬38頭の登録があります。登録馬は以下の通りです。

地方所属馬(優先出走)

ゴールデンキャスト(牡8・園田・曽和)54キロ、フリートアピール(牡6・大井・月岡)51キロ、ベルモントサンダー(牡7・船橋・出川)55キロ。

JRA所属馬(出走可能な順)

プリサイスマシーン(牡9・萩原)59キロ、ノボトゥルー(牡12・森)56キロ、トウショウギア(牡8・池上)58.5キロ、ディバインシルバー(牡10・和田)56キロ、カノヤザクラ(牝4・橋口)53キロ、スリーアベニュー(牡6・小野)56キロ、ワキノカイザー(牡8・音無)55キロ、トーセンザオー(牡8・飯田)55キロ、シアトルバローズ(牡5・武田)54キロ、タイセイアトム(牡5・矢作)54キロ、アンバージャック(牡5・中野隆)56キロ、ヤマノルドルフ(牡7・相沢)55キロ、メイショウシャフト(牡5・高橋成)55キロ。

除外対象馬(繰り上がり順)

サトノスローン(牡5・藤沢和)54キロ、リザーブカード(牡5・栗田)55キロ、コパノフウジン(牡6・宮)55キロ、マイネルアルビオン(牡6・畠山)54キロ、フジサイレンス(牡8・田子)54キロ、ウイングシチー(せん6・安達)54キロ、エアアドニス(牡6・伊藤正)54キロ、トシザヘネシー(牡6・音無)54キロ、モエレアドミラル(牡6・小島太)54キロ、ナトゥーア(牡7・武田)54キロ、オフィサー(牡6・森)55キロ、マルノマンハッタン(牝4・坂本)49キロ、ニシノコンサフォス(牡8・宮本)57キロ、ワイルドシャウト(牡7・和田)56キロ、トロピカルライト(牡4・二ノ宮)55キロ、ハリーズコメット(牡7・萩原)56キロ、ワンダーハヤブサ(牡7・藤岡健)53キロ、アルビレオ(牡8・白井)54キロ、ロードマジェスティ(牡6・山内)54キロ、ステキシンスケクン(牡5・森)56キロ、タガノデンジャラス(牡6・松田博)55キロ、ニシノデュー(牡7・河内)53キロ、コスモラブシック(牡9・稲葉)50キロ、ホーマンアピール(牡8・安田隆)51キロ、オヤマハリケーン(せん7・菊川)51キロ

となっています。

 去年の覇者スリーアベニューは年末にひと叩きし連覇を狙っての出走。堅実駆けのプリサイスマシーン。右回りでも力を出せるようになってきたトウショウギア。中山1200mで連勝のヤマノルドルフ。初ダートのカノヤザクラや自己条件を勝ち上がったシアトルバローズ、タイセイアトム、らの新興勢力の走りにも注目ですね。

 今日は2007年度JRA賞が発表されています。注目の年度代表馬にはJC、宝塚記念、ドバイデューティフリーのG1・3勝を挙げたアドマイヤムーン(牡4・松田博)が選ばれています。牝馬として64年振りにダービーを制したウオッカ(牝3・角居)と天皇賞春秋連覇したメイショウザムソンには特別賞が送られました。そして武豊騎手は最高勝率騎手部門を逃した為、6年連続10回目の騎手大賞とはなりませんでしたが、JRA最多勝利数更新と前人未到のJRA通算3000勝達成により特別賞を受賞しています。各部門受賞馬(各票数)・受賞騎手・調教師は以下の通りです

年度代表馬
アドマイヤムーン 178

ダイワスカーレット 73

メイショウサムソン 17

ウオッカ 12

ヴァーミリアン 5

該当馬なし 2

マツリダゴッホ 1

無効 1

最優秀2歳牡馬

ゴスホークケン 282

サダムイダテン 2

フサイチアソート 2

該当馬なし 2

ヤマニンキングリー 1

最優秀2歳牝馬

トールポピー 286

該当馬なし 3

最優秀3歳牡馬

アサクサキングス 254

該当馬なし 30

ロックドゥカンブ 4

ヴィクトリー 1

最優秀3歳牝馬

ダイワスカーレット 275

ウオッカ 14

最優秀4歳以上牡馬

アドマイヤムーン 249

メイショウサムソン 37

ヴァーミリアン 1

ダイワメジャー 1

マツリダゴッホ 1

最優秀4歳以上牝馬

コイウタ 113

該当馬なし 101

サンアディユ 51

フサイチパンドラ 17

ディアデラノビア 2

アサヒライジング 1

コウエイトライ 1

ジョリーダンス 1

スイープトウショウ 1

メイショウバトラー 1

最優秀父内国産馬

ダイワスカーレット 162

ウオッカ 123

アドマイヤオーラ 1

アストンマーチャン 1

メイショウトウコン 1

該当馬なし 1

最優秀短距離馬

ダイワメジャー 234

スズカフェニックス 35

アストンマーチャン 14

該当馬なし 4

サンアディユ 2

最優秀ダートホース

ヴァーミリアン 288

メイショウトウコン 1

最優秀障害馬

メルシーエイタイム 281

該当馬なし 6

コウエイトライ 2

調教師部門

最多勝利調教師 藤沢和雄

最高勝率調教師 藤原英昭

最多賞金獲得調教師 松田博資

優秀技術調教師 松田博資

騎手部門

最多勝利騎手 武豊

最高勝率騎手 安藤勝巳

最多賞金獲得騎手 武豊

最多障害勝利騎手 西谷誠

最多勝利新人騎手 該当者なし

特別賞 武豊
  

|

« 今週はG3シンザン記念 | トップページ | ウオッカもドバイに登録 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山では、G3ガーネットS:

» 日本の競馬史に数々の伝説を残した名種牡馬です。 [サンデーサイレンス伝説]
サンデーサイレンスの血を受け継いだ馬たちの歴史をご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2008年2月 2日 (土) 10時07分

« 今週はG3シンザン記念 | トップページ | ウオッカもドバイに登録 »