« 今週はG1有馬記念 | トップページ | 全日本2歳優駿の回顧 »

2007年12月18日 (火)

土曜日、阪神ではラジオNIKKEI杯2歳S

 今週の土曜日(12月22日)には、こちらも注目のレース第24回ラジオNIKKEI杯2歳S(2歳G3・芝2000m)が行われます。来年のクラシックを意識した馬達が集まり、毎年のようにクラシックで活躍する馬を輩出するレースとなっていますね。私も1度だけ、このレースを阪神競馬場に見に行った事があるのですが、そのレースがアグネスタキオンが勝ったレースで、2着がジャングルポケット、3着がクロフネと、なんとも後になって思うと贅沢なレースだったなぁ~と思いますね。さて、今年はフルゲート16頭に19頭の登録があり、現在の所、賞金順に5頭が出走可能となり、1勝馬14頭から抽選で11頭が出走可能となります。登録馬は以下の通りです。

出走可能な順

オリエンタルロック(牡2・田所)、フローテーション(牡2・橋口)、ヤマカツオーキッド(牝2・池添)、サブジェクト(牡2・池江郎)、ショウナンアクロス(牡2・大久保洋)。

収得賞金400万(抽選で11頭が出走可能)

イイデシンゲン(牡2・昆)、キングバード(牡2・中村均)、サダムイダテン(牡2・中村均)、ダノンイサオ(牡2・音無)、ダンツウィニング(牡2・山内)、トウカイブレイズ(牡2・中村均)、ピエナポパイ(牡2・木原)、ブラックシェル(牡2・松田国)、マイネルファルケ(牡2・萱野)、マイハートマイラブ(牡2・松田国)、マリエンベルグ(牡2・松元茂)、メイショウクオリア(牡2・西橋)、ランチボックス(牡2・浅見)、リアルヴィクトリー(牡2・浅見)となっています。

 札幌2歳Sを豪快に追い込んで制したオリエンタルロック。東スポ杯は軽い挫石で取り消したものの、ここに向けてじっくりと調整されているようです。そして、新馬、萩Sと2連勝中のフローテーション、朝日杯は枠順に泣いたサブジェクト。1勝馬では、京都2歳Sで2着があり、大物感のあるダノンイサオや新馬戦の勝ちっぷりのいいサダムイダテン、エリカ賞2着と徐々に力をつけているランチボックス。末脚が脅威のマリエンベルグ、阪神2000mで未勝利勝ちのブラックシェル、東京2000mの未勝利を逃げ切ったマイネルファルケなど将来が楽しみな馬が集まりましたね。

追記 12月19日 ブラックシェルは日曜のホープフルSへ。トウカイブレイズ、マリエンベルグ、リアルヴィクトリーは日曜の自己条件の芝1600m戦へ。

G1情報

明日(19日)行われる交流G1・全日本2歳優駿(ダート1600m)でニックバニヤンに騎乗を予定していた的場文男騎手が17日に左肋骨亀裂骨折で6日間の安静加療が必要と診断され、坂井騎手に乗り代わる事が発表されています。   

|

« 今週はG1有馬記念 | トップページ | 全日本2歳優駿の回顧 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日、阪神ではラジオNIKKEI杯2歳S:

« 今週はG1有馬記念 | トップページ | 全日本2歳優駿の回顧 »