« 今週はG1阪神JF | トップページ | 日曜、中京では中日新聞杯 »

2007年11月27日 (火)

土曜日、中山ではステイヤーズS

 今週の土曜日(12月1日)、中山競馬場で、日本一長い平地重賞の第41回ステイヤーズS(3歳上G2・芝3600m)が行われます。今年はフルゲート16頭に17頭の登録があり、出走可能な馬は以下の通りです。

出走可能な順 トウカイトリック(牡5・松元省)、ネヴァブション(牡4・伊藤正)、リキアイサイレンス(牡6・佐藤)、アドマイヤモナーク(牡6・松田博)、マキハタサイボーグ(せん5・新川)、チェストウイング(牡6・秋山)、ハイアーゲーム(牡6・大久保洋)、ゴーウィズウィンド(牡8・国枝)、セイワクリスタル(牡6・鈴木伸)、ルーベンスメモリー(牡7・高橋祥)、ワンダースティーヴ(牡3・小崎)、パープルファルコン(牡7・境)、アグネストレジャー(牡5・長浜)、アドマイヤグローリー(牡4・友道)、ショートローブス(牡7・相沢)、メジロトンキニーズ(牝5・高橋裕)。

除外対象馬 エイシンダードマン(牡3・大久保龍)。

以上のようになっています。サンツェッペリン(牡3・斉藤)の回避は残念ですが、天皇賞・春3着でアルゼンチン共和国杯2着のトウカイトリックや、同レース3着で、一皮剥けた印象のあるリキアイサイレンス、復活を目指すネヴァブションらを中心に、力を付けて来たアドマイヤグローリーやワンダースティーヴなど、スタミナ自慢の精鋭が揃いました。後、除外対象ですが、菊花賞で力を見せたエイシンダードマンも出走出来れば、面白い存在になりますね。年末恒例のマラソンレース、ステイヤーズSをジョッキーの駆け引きなどにも注目しながら楽しみましょう。

G1情報 マイルCSを制したダイワメジャー(牡6・上原)が有馬記念への参戦を発表しました。ダイワスカーレット(牝3・松田国)も出走する可能性が高く、兄妹対決がG1で実現する可能性が高くなってきましたね。両馬共に出走の場合、安藤勝騎手がどちらに騎乗するかは、まだ決まっていません。そして、ダイワメジャーは有馬記念が引退レースとなり、来春から社台スタリオンステーションで種牡馬入りとなります。すでに総額18億円のシンジケート(3000万×60口)が組まれており、即日満口となったようです。生産者の方々の期待の大きさもうかがえますね。

JCダートを制したヴァーミリアン(牡5・石坂)は東京大賞典(12月29日・大井)へ。阪神JFで抽選待ち(16分の6)のトールポピー(牝2・角居)の鞍上は、引き続き池添騎手。

 オーストラリアの06/07シーズンの最優秀ステイヤーに去年のメルボルンCを制したデルタブルースが選ばれました。オーストラリアの代表馬に日本調教馬が選ばれたのは初めてとなります。おめでとうございました。個人的にはデルタブルースのような特徴を持った馬にこそ、長期海外遠征に行ってもらいたいと思うのですが。

|

« 今週はG1阪神JF | トップページ | 日曜、中京では中日新聞杯 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日、中山ではステイヤーズS:

« 今週はG1阪神JF | トップページ | 日曜、中京では中日新聞杯 »