« 今週はGⅠ菊花賞 | トップページ | 今週にも達成か!? »

2007年10月16日 (火)

土曜日、東京では富士S

 今週の土曜日(10月20日)には、東京でマイルCSのトライアル的なレースと言える、第10回富士Sが行われます。フルゲート18頭に35頭もの登録があり、来週のスワンSと両睨みの馬などもいて、出走馬が掴み難いですが、現時点で出走可能な馬の中から、書いていきたいと思います。まずは、去年のマイルCS3着のシンボリグラン(牡5・畠山)。来週のスワンSに回る可能性もありますが、出てくれば有力な1頭となりそうです。1200m~1600mまで、コンスタントに差し脚を繰り出してきます。キーンランドC11着以来となる、ローレルゲレイロ(牡3・昆)は、1600mでは、0.4.1.0と崩れが無く、しかも、すべてがGⅠや重賞でのもの。ここは首位争いでしょう。安田記念16着以来となるエアシェイディ(牡6・伊藤正)。春は馬体重の増減が激しく力を出せなかった感がありますね。体調がカギでしょうか。コイウタ(牝4・奥平)。こちらは、スプリンターズSは、11着に敗れましたが、GⅠ勝ちの舞台に戻って力を発揮するでしょうか。トウショウヴォイス(牡5・小桧山)。毎日王冠は7着も、叩いた上積みと、得意な1600mに戻っる点は有利な気がしますね。春にダービー卿CTを制している、ピカレスクコート(牡5・池江泰)も久々の出走します。こちらは、東京コースに実績が無い点が気がかりですね。久々は問題なさそうです。その他、京成杯AH3着のマイネルシーガル(牡3・国枝)。東京コース向きのマイケルバローズ(牡6・藤沢則)などが出走予定です。なかなかの混戦となりそうなメンバーで、馬券的にも楽しそうなレースとなりそうです^^。

 その他の出走可能馬は、賞金順に、スウィフトカレント(牡6・森)、オレハマッテルゼ(牡7・音無)、トウショウカレッジ(牡5・池添)、グラスボンバー(牡7・尾形)、マイネルフォーグ(牡3・宮)、サヨウナラ(牝6・谷)、サイキョウワールド(牡5・坂口正)、グレイトジャーニー(牡6・池江泰)、アンブロワーズ(牝5・平田)、カタマチボタン(牝3・加藤征)となっています。回避馬が出た場合の繰り上がり順は、フジサイレンス、ミスティックエイジ、シェルズレイ、ホッコーソレソレーの順となっています。

GⅠ情報 秋華賞お制したダイワスカーレット(牝3・松田国)は、エリザベス女王杯に向かう可能性が高いようです。秋華賞3着のウオッカ(牝3・角居)は、エリザベス女王杯とJCの両睨みのようです。府中牝馬Sの1、2着の、デアリングハート(牝5・藤原英)、アサヒライジング(牝4・古賀)はいずれも、エリザベス女王杯へ。アサヒライジングの鞍上は柴田善騎手に戻る予定。サフラン賞を勝ったラルケット(牝2・和田)は、阪神JFに直行するそうです。そして、JCDには、アメリカから、今年のパシィフィッククラッシックS・GⅠを勝ったステュデントカウンシル(牡5・父キングマンボ)が出走するようです。そのパシフィッククラッシックSの行われたデルマー競馬場は、今年の夏から、ダートコースがオールウェザー馬場(ポリトラックと呼ばれる、砂に合成ゴムの破片とワックスを混合した素材を敷き詰めたコース)で行われており、日本のダートへの適正はまったく分からないですね^^;。いずれにせよ、今までの年よりは、強力な外国馬の参戦となりそうで、楽しみですね^^。

|

« 今週はGⅠ菊花賞 | トップページ | 今週にも達成か!? »

競馬・展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日、東京では富士S:

« 今週はGⅠ菊花賞 | トップページ | 今週にも達成か!? »