« 土曜日、東京では武蔵野S | トップページ | 明日(10月27日)の競馬 »

2007年10月25日 (木)

第136回天皇賞(秋)枠順確定

 日曜日(10月28日)に東京競馬場で行われる天皇賞(秋)(3歳上GⅠ・芝2000m)の枠順が発表されました。同一年度天皇賞春秋連覇を狙うメイショウサムソン(牡4・高橋成)は1枠1番。宝塚記念の覇者アドマイヤムーン(牡4・松田博)は6枠12番。天皇賞(秋)連覇を狙うダイワメジャー(牡6・上原)は7枠14番に決まりました。全枠順は以下の通りです

1枠①メイショウサムソン(牡4・高橋成)58kg・武豊騎手

1枠②エイシンデピュティー(牡5・野元)58kg・柴山騎手

2枠③コスモバルク(牡6・田部和)58kg・五十嵐冬騎手

2枠④デルタブルース(牡6・角居)58kg・川田騎手

3枠⑤ローゼンクロイツ(牡5・橋口)58kg・藤岡佑騎手

3枠⑥カンパニー(牡6・音無)58kg・福永騎手

4枠⑦シルクネクサス(牡5・岡田)58kg・四位騎手

4枠⑧ボンネビルレコード(牡5・堀井)58kg・柴田善騎手

5枠⑨アグネスアーク(牡4・河内)58kg・吉田隼騎手

5枠⑩ブライトトゥモロー(牡5・石坂)58kg・後藤騎手

6枠⑪シャドウゲイト(牡6・加藤征)58kg・田中勝騎手

6枠⑫アドマイヤムーン(牡4・松田博)58kg・岩田騎手

7枠⑬チョウサン(牡5・清水利)58kg・横山典騎手

7枠⑭ダイワメジャー(牡6・上原)58kg・安藤勝騎手

8枠⑮ポップロック(牡6・角居)58kg・ペリエ騎手

8枠⑯マツリダゴッホ(牡4・国枝)58kg・蛯名騎手

となっています。GⅠ馬が7頭も出走する今年の天皇賞(秋)。有力馬がこの距離が得意という事もあって、ハイレベルな争いが期待できますね。

 そして、今日は札幌競馬場で交流重賞の北海道2歳優駿(2歳GⅢ・ダート1700m)が行われました。JRAからは3頭(ステディーラブ(牡2・上原)は出走取り消し)が出走しました。レースはディアヤマト(牡2・高橋裕)がハナも、ホウザン(牡2・伊藤圭)が途中からハナを奪う展開。向う正面から、ディラクエ(牡2・成田)とバイタリティー(牡2・田中正)がマクリ気味に進出し、残り600mからホウザン、ディラクエ、バイタリティーが3頭雁行で直線へ。外を回ったバイタリティーが脱落し、ディラクエがホウザンとの叩き合いを制し1着。タイム1.47.0(良)はレコード。3着には、ディアヤマトが入りました。1着のディラクエ(父フサイチコンコルド・半姉に今年のアネモネS勝ったエミーズスマイル)はスタート後挟まれるような感じで最後方からの競馬ながら、最後までしっかりした脚で強い内容でしたね。2着のホウザンは、早めに交わされながらも、ゴール寸前まで差し返すかという粘りを見せました。こちらも力のある所を見せましたね。3着のディアヤマトは勝負処で着いて行けませんでした。最後、差してきているだけに惜しかったですね。もう1頭のディアディアー(牡2・柄崎)は10着でした。今年の北海道の2歳はレベルが高いようですね。この相手に食い下がったホウザン、ディアヤマト共に今後が楽しみになりそうですね。

GⅠ情報 エリザベス女王杯に出走予定だった、ベッラレイア(牝3・平田)はレースの疲労が抜け切らない為、エリザベス女王杯を回避し、来春に向けて放牧に出されることになりました。尚、武豊騎手はディアデラノビア(牝5・角居)に騎乗するようです。仕上がり途上という事で、天皇賞(秋)を回避したフサイチパンドラ(牝4・白井)はルメール騎手を鞍上に向かえエリザベス女王杯へ。シリウスSを勝ったドラゴンファイヤー(牡3・久保田)は、田中勝騎手とのコンビでJCDへ。りんどう賞を制したエイムアットビップ(牝2・矢作)は、ファンタジーS→阪神JFの予定。函館2歳S2着のジョイフルスマイル(牝2・矢作)は阪神JFに直行するようです。エリモハリアー(牡7・田所)は、選出されれば香港Cへ。フサイチホウオー(牡3・松田国)はJCダートに路線を変えるようです。

 A・スボリッチ騎手とO・ペリエ騎手に短期騎手免許が交付されました。A・スボリッチ騎手の免許期間は10月27日~11月26日で、身元引受調教師は、角居勝彦調教師。O・ペリエ騎手の免許期間は10月27日~12月23日で、身元引受調教師は、池江泰寿調教師。この時期の風物詩となってきた外国人騎手の短期免許ですが、2人とも、もうお馴染みですね。現在世界でも指折りのトップジョッキーとなっているペリエ騎手ですが、1994年に初めて短期免許で来日した頃は、世界的には有名とは言えず、日本での経験も生かしてトップジョッキーに駆け上がった印象が強いのは、私だけではないと思います。そして、トップジョッキーになった今も、毎年欠かさず来日してくれるのは、本当にうれしいかぎりですね。今年もペリエマジックに期待ですね。

 ここ数週間、そのオテンバ振りで話題を振りまいたスイープトウショウ(牝6・鶴留)が、今週の調教も無事こなし、スワンSに出走出来そうです^^。関係者の皆さんご苦労様でした^^。

|

« 土曜日、東京では武蔵野S | トップページ | 明日(10月27日)の競馬 »

競馬」カテゴリの記事

競馬・GⅠ展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第136回天皇賞(秋)枠順確定:

» 第136回 天皇賞予想 [♪住友林業の家で過ごすECOな生活]
これは、ほんまに難しいっすわ。正直言って、ぎりぎりで買い方を変更するかもしれませんけど、今の予想はこうだ!強いところは、?メイショウサムソン、?アドマイヤムーンだ。?メイショウサムソンは勝ちっぷりがいまひとつ。ここは本命は?アドマイヤムーンに決定。いまひとつ信用はしていないけど、2番手以降の評価に?メイショウサムソンを降格。のぼってきたのが、?チョウサン。これは怖い。前走は?ダイワメジャー、?アグネスアークを尻目に激走。東京の馬場はあっているらしく、極端に負けた陣馬特別は6着に惨敗したものの、1番人... [続きを読む]

受信: 2007年10月25日 (木) 23時36分

« 土曜日、東京では武蔵野S | トップページ | 明日(10月27日)の競馬 »