« デルタブルース出走回避 | トップページ | 今日の回顧と明日(9月23日)の競馬 »

2007年9月21日 (金)

明日(9月22日)の競馬

まず、左前浅屈腱炎の為、オールカマーを回避した、マイネルレコルト(牡5・堀井)が引退することになりました。今後は馬事公苑で乗馬になる予定だそうです。(JRA通算19戦4勝。04年GI朝日杯FSを含む重賞2勝)また、同厩舎のマイネルモルゲン(牡7)も、第一趾骨骨折の為、引退し、中山中山競馬場の乗馬センターで、乗馬になるそうです。(JRA通算37戦7勝。04,05年京成杯AH連覇など重賞3勝)。また、マイソールサウンド(牡8・西浦)も9月20日付けで登録を抹消されました。今後は京都競馬場で乗馬になる予定。(JRA通算47戦8勝。05年阪神大賞典GIIなど、重賞5勝。)お疲れ様でした。これからは、ゆっくり過ごして下さいね。

では、明日のレースに行きましょう。その前に中山の芝コースが今週からCコースに、また、阪神の芝コースがBコースに変更されています。(メインはどちらもダートのレースですが^^;)中山11RながつきS(3歳上1600万・ダート1800m・ハンデ)が行われます。ここには、前走ピサノデイラニに勝った、マイネルテセウス。そのマイネルテセウスに勝ったサトノスローンが出走します。ハンデ戦でもあり、非常に難解なレースになってますね^^;。その中から、2走続けて好時計で走っている、サトノスローンを本命にします。相手は1,2,7,14,16へワイドで^^;。特にチザルビーノが気になります^^;。

阪神11Rは、大阪スポーツ杯(3歳上1600万・ダート1400m)です。こちらも混戦模様ですが、阪神1400mで見直せる、アグネストラベルから行きたいと思います。相手は、1,3,5,9,11へワイドで。

そして、札幌11Rは、藻岩山特別(3歳上1000万・芝1500m)です。頭数は少ないですが、なかなか好メンバーですね。本命には、マイネルパシオンを挙げます。前走は休み明けのせいか、勝負どころでモタモタしていましたが、2走目は変わるはずです。相手は1,4,7,8へワイドで。

明日の注目馬には、中山9R10番のサラトガティプトン。2走目で変わってきそうです。10R8番のコウモグルミット。こちらは、神戸新聞杯を見送っての参戦ですね。2走前が、かなり強い競馬でした。距離が伸びるのも買い材料ですね。あと、阪神8R2番のベルルノワールは、このメンバーなら、即通用でしょう。相手は外枠2騎でしょうね。

GI情報 4戦無敗でセントライト記念を制した、ロックドゥカンブが菊花賞に向かいます。鞍上は、そのまま、柴山騎手が務めます。ラジオNIKKEI賞、セントライト記念と文句の無い騎乗だったので、当然でしょう。無事に出走して欲しいですね。

秋華賞から始動するウオッカ、天皇賞・秋からのメイショウサムソンが20日、調整を開始しました。こちらも、無事に出走して欲しいですね。

それでは、よい馬券を^^。

|

« デルタブルース出走回避 | トップページ | 今日の回顧と明日(9月23日)の競馬 »

競馬・明日の競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日(9月22日)の競馬:

« デルタブルース出走回避 | トップページ | 今日の回顧と明日(9月23日)の競馬 »