トップページ | 2007年10月 »

2007年9月に作成された記事

2007年9月30日 (日)

今日(スプリンターズS)の回顧

あいにくの不良馬場で行われた、第41回スプリンターズS(GⅠ・芝1200m)は3番人気のアストンマーチャン(牝3・石坂正)が先手を奪って、一気に逃げ切り初のGⅠタイトルを獲得しました。それにしても、すばらしいスピードでしたし、前走の北九州記念とは、まるで別馬のようなすばらしい仕上がりでしたね。余談ですが、スポニチの武豊騎手のコラムで、スズカフェニックスより、アストンマーチャンとサンアディユの評価の方が上と書いていました^^;武豊騎手1点で取れちゃいますね^^;。なお、アストンマーチャンに騎乗した、中館騎手は、94年、ヒシアマゾンで勝ったエリザベス女王杯以来13年振り、通算3勝目のGⅠ勝利となりました。そして、アドマイヤコジーン産駒はGⅠ初勝利(重賞4勝目)。2着には、1番人気のサンアディユが入りました。この馬も先行し、直線伸びないかと思った所から、しぶとく伸びたあたりは、力を感じさせるものでした。厳しい競馬を経験したことで、これからもっと強くなるような気がしますね。3着は1枠1番を上手く生かし、内々上手く立ち回った、アイルラヴァゲイン。4着のキングストレイルは、やはり外枠が響きましたね。惜しい競馬でした。ただ、この馬のスプリント能力は感じさせる内容でした。2番人気のスズカフェニックスは9着。不良馬場も影響したとは思いますが、中身がまだ出来ていなかったという感じですね。私の本命アグネスラズベリは、スタート直後、前をカットされ、下がる不利^^;。1200mでは致命的ですね。しかし、出来もあまり良くなかったでしょうか。今年は頑張りましたから、来シーズンに向けて休ませてあげて欲しいですね^^;。

今日の注目馬 中山7R⑨ジャガーメイルは2着。1度競馬を使った事によって、前回よりは、行きっぷりが良くなっていました。今回も後方から中を突いて伸びてきましたが、僅かに届きませんでした。しかし、能力は確かで、このクラスはすぐでしょう。中山10R④タイキラファエロは7着。先行馬には、厳しい競馬になりました。大きく崩れていない所を評価します。次走以降も上位争い出来るでしょう。阪神9R⑤ギムレットロックは9着。やや、行きたがる面が出たでしょうか。直線はいった所で外によれていたように、まだまだ馬が若いですね。精神面を含めた、今後の成長に期待です。このレースを勝ったデュオトーンは、直線不利を受けながらもよく差し切りました。菊花賞に出てくれば面白い存在になりそうですね。阪神10R⑭プリンセスルシータは3着。いい競馬でしたが、1、2着馬の切れ味に屈したといった感じでした。阪神11R④トウショウカレッジは9着。休み明けのせいか、やや行きたがっていましたね。元々1200m~1400mでも好走しているだけに、折り合いを欠いては最後の伸びを欠いてもしかたありませんね。次に期待ですね。(1400mがいいな^^;)札幌8R⑫コスモベルは6着。ん~^^;。1200mの方が向いてるかな^^;。差し馬には厳しい馬場でしたが、最後の脚が1200mの方が切れがあったように思います。まあ、何度か試してみても面白いとおもいます。

中山10R秋風Sをタイキマドレーヌ(牝4・松元茂)で制した安藤勝巳騎手が、JRA年間100勝を達成。岩田騎手、武豊騎手の続き3人目。5年連続5回目となります。おめでとうございます。今年はやや、乗鞍をセーブしているようですが、勝率、連対率は武豊騎手を上回っています(9月24日付)さすがです^^;。GⅠシーズンが始まって、安藤勝騎手の活躍が俄然目立ってくるでしょうね^^。

そして残念なニュースが2つ。1つ目は、中山5R新馬戦でキャッツインブーツに騎乗した、武豊騎手が最後の直線で斜行したため、騎乗停止の処分を受けてしまいました。期間は開催日4日間です。武豊騎手が騎乗しないのは残念ですが、これで、岩田騎手とのリーディング争いがまだまだ続きそうで楽しみが続きそうなんていうのは不謹慎でしょうか^^;。岩田騎手、横山典騎手、武豊騎手とトップジョッキーの騎乗停止が続いていますね^^;。GⅠが始まったので、名前がないのは寂しいですよね^^;。もう1つは、獲得賞金を児童擁護施設などに寄付するという、画期的な試みで話題を呼んだタイガーマスク(牡3・藤沢和・山本英俊)が25日付で登録を抹消されました。通算4戦0勝。通算の寄付額は190万になるそうです。非常に残念ですが、すばらしい試みだったと思います。これからも、こういう試みは是非続けてほしい物ですね。

追記(10月1日)騎乗停止になった武豊騎手ですが、今週が3日間開催の為、秋華賞には騎乗できるようです。なんとも強運の持ち主ですね^^;。

それでは、1週間頑張って行きましょう^^。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月29日 (土)

今日の回顧と明日(スプリンターズS)の競馬

今日中山1R落馬負傷した柴田善騎手、阪神7Rで負傷した川田騎手、いずれも、今のところ(午後8時)明日、騎乗出来るようですね。まずは、ひと安心でしょうか。4Rで落馬負傷した五十嵐騎手は明日も乗り換わっていますね。大怪我ではなければいいのですが。

追記(午後9時25分)柴田善騎手は右膝内側々副靭帯損傷。川田騎手は右環指DIP関節打撲、右示指PIP関節打撲。五十嵐騎手は右上肢打撲だそうです。

まずは今日のレースから。札幌11Rの札幌2歳S(GⅢ・芝1800m)は、道中最後方から競馬を進め、直線大外から差しきったオリエンタルロックが1着。武豊騎手の読みがピタリと当たりましたね。オリエンタルロックも、直線は内にモタレながらの脚に、まだまだ強くなりそうな予感がします。2着にはサブジェクト。こちらは1コーナーで外に振られる不利がありました。その後は上手く折り合い直線オリエンタルロックに抜かれてから、狭いところを喰いさっがった根性はすばらしいですね。負けて強しの内容でした。3着は、早めにまくって出たホウザン。私の本命アモーレヴォレは6着でした。馬体も良く、レース振りも良かったので、今後も注目したいですね。勝ったオリエンタルロックの父マンハッタンカフェはJRA重賞初勝利でした。

そして、阪神11RシリウスS(GⅢ・ダート2000m・ハンデ)は3連勝中のドラゴンファイヤーが1着。直線行き場が無くなり、一瞬開いた一頭分の隙間から鋭い差し脚を披露しました。2着のラッキーブレイクも、3着のワンダースピードも伸びていたのを差し切って突き放した脚はJCDへと、夢が広がるものでしたね。久々出走のアロンダイトは4着でした。+16キロも、まずまずの仕上がりでした。勝負所から、押しどうしだった辺りは久々のせいでしょうかね。今回は4着でしたが、JCDに向けて順調にスタートしたのではないでしょうか。私の本命、ワンダースピードは道中内々をロス無く回り、直線も伸びては来ましたが、1,2着馬の鋭い脚に屈しましたね。しかし、久々とはいえ、アロンダイトに先着しているのですから、長距離ダートでの活躍が期待されます。地方の小回りでも力を出せそうですね。

今日の注目馬 阪神7R①サンライズバクシンは5着。+36キロがすべてでしょうが、控える競馬から、直線伸びて来た脚を見ると、このクラスにいる馬ではなさそうです。阪神9R⑦ノボリデュークは6着。いい感じでの追走から、直線伸びない辺りは、微妙に距離がながいのでしょうか。この馬の母サンデーミッチーは1000mが得意な馬でしたからね^^;。しかし、馬体などは良く、新潟1000mなんか向きそうな気がしますね。札幌10R④ミストラルクルーズは3着。スルーレートが控える競馬に出た為、予想外のSペースになりました。前残りの競馬の中、しぶとく伸びてきた辺りは、地力が付いてきた証拠ではないでしょうか。札幌12R⑨ファンドリウェーブは8着。いい感じで3番手追走でしたが、直線外から来られると一気に下がってしまいました^^;。敗因は良く分からないですが、この辺りがクラスの壁なんでしょうかね^^;。次走以降のレース振りもも注意して見てみたいと思います。

中山8Rをジェイケイセラヴィ(せん3・坂本勝)で制した北村宏騎手がJRA通算500勝を達成されました。今日3R,6Rと3勝で一気に決めましたね。史上74人目、現役25人目となります。重賞は06年ダンスインザムードで勝ったヴィクトリアマイルGⅠを含む、通算11勝です。おめでとうございました^^。

それでは、明日の競馬に行きましょう。当然スプリンターズS(GⅠ・芝1200m)からです。1番人気は今(午後8時)のところサンアディユのようです。やはり、勢いを買ってのものでしょうか。確かに勢いは凄いですよね。ただ、反面厳しい競馬を経験していない点が気になりますね。状態はまずまずのようで、当然勝たれても不思議ではない、力の持ち主です。2番人気はスズカフェニックス。こちらは、安田記念5着以来の競馬になります。馬インフルエンザの影響で帰厩が遅れた様ですし、当初の目標が毎日王冠だった事を考えても、仕上がりが気になるところですね。希望どうり外枠に入りましたし、後は、乗っている武豊騎手に期待でしょうか。後は、内から①アイルラヴァゲイン。ややパンチ力に欠けるものの、中山1200mは大の得意にしています(3011)。②プリサイスマシーン。こちらは8歳馬ながら堅実なレースで、複勝圏には入ってきますね。ベストは1400mも侮れない1頭です。⑦アストンマーチャン。私は正直評価をしてなかったんですが、やはり、2歳時のウオッカとの接戦や1200m向きだと評価されているようです。⑪ペールギュント。こちらも馬インフルエンザの影響でセントウルSを使えず仕上がりが心配ですが、春の実績を考えても外せないでしょう。⑭クーベルチュール。桜花賞惨敗のあと、短距離に路線変更して、成功しましたね。調教でも、凄いタイムを出しているように出来はいいようです。キーンランドCの再現なるでしょうか。⑯キングストレイル。大外になちゃいましたね^^;。しかし、1200mは向くと見ています。出来れば内で脚を溜めるレースをして欲しかったのですが、しかたありませんね。そして、私の本命③アグネスラズベリ。馬体回復がカギですが、回復さえしていれば、中山1200mは向きそうですし(初コース)、私の希望どおり内枠に入ってくれたので、内々を回って、馬群を割って伸びてきて欲しいですね^^。単複で勝負してみようかと思っています。みなさんの、応援する馬も好走するといいですね。

明日の注目馬 中山7R⑨ジャガーメイル(もっと上のクラスまで)。中山10R④タイキラファエロ(得意な距離とコース)。阪神9R⑤ギムレットロック(距離延長○)。阪神10R⑭プリンセスルシータ(2走目上積みと52キロ)。阪神11R④トウショウカレッジ(充実期)。札幌8R⑫コスモベル(1500mで追走が楽に)。

それではみなさん、明日も良い馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

明日(9月29日)の競馬

スプリンターズSの枠順が決まりましたね。皆さんの応援する馬は、いい枠に入りましたか?スプリンターズSの事は、明日書くとして、明日は、札幌2歳SとシリウスSが行われますね。GIの前に少しでも資金を増やしたいところです^^;。また、引退が決まった、メイショウカイドウが、希望どうり小倉競馬場の誘導馬になる事が決まったそうです^^。良かったですね^^。

それでは、札幌11R札幌2歳S(GⅢ・芝1800m)からです。エアグルーヴの仔として、注目されていた、ポルトフィーノが回避し、アローキャリーの仔、ランチボックスは名前がありませんね^^;(除外でしょうか^^;)。注目馬が出走しないのは残念ですが、新しいスター候補を見つけ出しましょう。まず、内から順に気になる馬を挙げていきます。②ネオスピリッツ。1800mを2度走っており、札幌も経験済み。新種牡馬シンボリクリスエスもきになります。④カレイジャスミン。1200m~1800mまで使われており、この時期で4戦のキャリアは見逃せません。⑦オリエンタルロック。距離実績に鞍上武豊、外せませんね^^;。⑨ヤマカツオーキッド。前走1800mのコスモス賞勝ち。⑩サブジェクト。大物感たっぷりのレース振りでした。⑫ウイントリガー。こちらも2勝馬で、手堅い印象。やや、距離が長いか。そして、本命に押す、⑬アモーレヴォレ。新馬勝ちの内容が良く、アグネスデジタルの仔という点にも注目です。外枠もいいんじゃないでしょうか。⑬から②④⑦⑨⑩⑫へワイドで。

そして阪神11RシリウスS(GⅢ・ダート2000m・ハンデ)は、出走してきましたね、アロンダイト。仕上がりは7,8分のようですが、GI馬の底力を見せてくれるでしょうか。本命には、①ワンダースピード。阪神2000mはピッタリな印象で、ハンデも手頃な55キロ。チャンスありと見ます。相手には3連勝中と勢いのある③ドラゴンファイヤー。53キロも魅力ですね。地力を認め⑫アロンダイト⑨タガノゲルニカ。長距離ダート得意な②マイネルボウノット⑥ナリタプレリュード。ワイド①から②③⑥⑨⑫へ。

明日の注目馬 阪神7R①サンライズバクシン(いきなりから走れそう)。阪神9R⑦ノボリデューク(能力高そう)。札幌10R④ミストラルクルーズ(昇級でかえって差せそう)。札幌12R⑨ファンドリウェーブ(前走圧勝。鞍上武豊)。

それでは、よい馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

スプリンターズS出走馬確定

日曜日に行われるGIスプリンターズSの出走馬が確定しました。出走馬は次の16頭です。

アイルラヴァゲイン・松岡騎手、アグネスラズベリ・角田騎手、アストンマーチャン・中館騎手、アンバージャック・柴田善騎手、エムオーウイナー・池添騎手、オレハマッテルゼ・蛯名騎手、キングストレイル・田中勝騎手、クーヴェルチュール・後藤騎手、コイウタ・吉田隼騎手、サンアディユ・川田騎手、スズカフェニックス・武豊騎手、タマモホットプレイ・石橋脩騎手、プリサイスマシーン・安藤勝騎手、ペールギュント・上村騎手、メイショウボーラー・福永騎手、ローエングリン・四位騎手

どの馬が勝ってもおかしくないメンバーになりましたね。白熱した、レースを期待しましょう^^。

GI情報 オールカマーで2着に入った、シルクネクサスは天皇賞・秋へ。セントライト記念3着のスクリーンヒーローは、左前脚の膝の剥離骨折が判明。全治には、6ヶ月ほどかかる見込み。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月26日 (水)

阪神では、シリウスS

去年の12月に改装されてから新設された、阪神のダート2000mでの、初めてとなる重賞シリウスSが土曜日に行われます。JCBクラッシック、JCDを睨んでのレースといった、位置づけのようですが、ハンデ戦の為か、やや寂しいメンバーとなりそうです。ロングプライドは、ここには登録せずに、10月27日の武蔵野Sへ。登録のあった、ブルーコンコルドは、10月8日の交流GI南部杯へ。ヴァーミリアンも10月31日の交流GIJBCクラッシックへ向かうそうです。そんな中、去年のジャパンカップダートを制した、アロンダイトが、久々の出走となりそうです。デビュー以来、慢性的な左前脚球節炎に悩まされてましたが、休養中に手術し、今は、良くなっているようです。未勝利からGIまで5連勝した、勢いのある走りがまた、見られるでしょうか。ハンデは59キロになりそうです^^;。そして、3連勝中の3歳牡馬ドラゴンファイヤー。こちらは、53キロのハンデとなりそうで、GI馬の胸を借りて、重賞初制覇を目指します。その他、タガノゲルニカ、マイネルボウノットなどの登録があります。いずれにせよ、アロンダイトが無事に出走する事を願いましょう^^。

札幌2歳Sに出走予定だった、ポルトフィーノ(2牝・角居)が右でん部筋痛の為、出走を回避となりました。幸い軽症のようで、大事を取っての回避のようです。まだまだ、目標は先でしょうから、ここは焦らずにじっくり立て直して欲しいですね。

それから、馬インフルエンザで中止となった、8月18,19日の代替競馬が開催されるようです。ジャパンカップの週の金曜日が、勤労感謝の日で祝日となる為、この日に開催される可能性が高いようです。個人的には、無理に開催する必要は無いのでは?と思いますが、売り上げなどの問題で、そうもいかないのでしょうか^^;。

GI情報 神戸新聞杯に出走した、グレートジャーニー、ヴィクトリー、フサイチホウオー、ホクトスルタンはいずれも、菊花賞へ。ローズS6着のザレマは秋華賞へ。イクスキューズは疲れが出た為、秋華賞を回避し、放牧に出されました。オールカマーを勝った、マツリダゴッホは予定どうり、天皇賞・秋へ。

そして、04年に京成杯を制した、フォーカルポイント(牡6・河野)が引退する事になりました、右前脚繋靭帯炎からの復帰を目指していましたが、先週再発したようです。JRA通算15戦3勝(04京成杯)。エンドスイープ産駒の印象を変えた馬でしたね^^;京成杯の豪快な差し脚が印象に残っています。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

札幌では、札幌2歳S

土曜日には、札幌で札幌2歳S(GIII・芝1800m)が行われます。1997年に1200mから、1800mに距離が変更されてから、特にクラッシックで活躍する馬が増えたレースですね。ジャングルポケットやサクラプレジデント、アドマイヤムーン、ナムラマースなどが、勝ち馬として、名を連ねています。来年のクラッシックに向けても重要なレースと言えそうです。そして、今年の登録馬には、お馴染みの母親の名を持つ馬たちが、登録してきていますね。まず、エアグルーヴの仔、ポルトフィーノ(父・クロフネ)。桜花賞馬アローキャリーの仔、ランチボックス(父・シンボリクリスエス)。ヤマカツスズランの仔、ヤマカツオーキッド(父・ダンスインザダーク)です。ヤマカツオーキッドはすでに、コスモス賞(札幌・芝1800・OP)で2勝目を挙げています。その他には、クローバー賞を勝った、ウイントリガーなども、登録されています。そして、新種牡馬のアグネスデジタルとシンボリクリスエスの仔にも、注目です。

そして、アイルランドのクールモアスタッドで繋養されている、ファスリエフ(10歳)が、来春から、北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで繋養されることになりました。ファスリエフは、父ヌレイエフ、母ミスターピーズプリンセス、母父ミスタープロスペクターで、現役時の成績は、2歳時の5戦5勝(GI含む重賞3勝)で、故障の為、種牡馬入りしました。産駒からは、GI馬もでています。オーストラリアでもシャトル種牡馬として活躍。日本では、アドマイヤゴルゴ、コンゴウダイオーなどが勝利を挙げています。現2歳も、出走した2頭(ミゼリコルテ、アルスマグナ)がすでに、勝ちあがっています。シンジケートは総額5億2800万(1株880万・60株)。産駒は、早い時期から活躍する仔が多くなるでしょうか。いずれにせよ、活躍馬を多く、輩出してほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

今週はGIスプリンターズステークス

いよいよ、今週末からGIが始まりますね^^。第1弾は、秋の短距離王者を決めるスプリンターズステークスです。現時点での出走可能馬は次の16頭です。アイルラヴァゲイン、アグネスラズベリ、アストンマーチャン、アンバージャック、エムオーウイナー、オレハマッテルゼ、キングストレイル、クーヴェルチュール、コイウタ、サンアディユ、スズカフェニックス、タマモホットプレイ、プリサイスマシーン、ペールギュント、メイショウボーラー、ローエングリン。以下回避が出た場合の繰り上がり馬は順に、トウショウカレッジ、スーパーホーネット、ナカヤマパラダイス、キョウワロアリング、スピニングノアール、ブラックバースピンとなっているようです。今年は、外国馬の参戦が無く、少し寂しいですが、春の短距離チャンピオン、スズカフェニックスや、夏の上がり馬、サンアディユ。3歳牝馬ながら、キーンランドCを制したクーヴェルチュールなど、楽しみなメンバーが揃いました。(ブラックバースピンが除外対象なのが残念^^;)1週間じっくり頭を悩ませたいと思います^^。

そして、21日に再開が発表された、ダート交流重賞のJRA登録馬が決まりました。東京盃・GII(10月3日大井・1200m)には、アグネスジェダイ、トウショウギア、ニホンピロサート、メイショウバトラー、リミットレスビット。マイルCS南部杯・GI(10月8日盛岡・1600m)には、サンライズバッカス、シーキングザベスト、ブルーコンコルド、メイショウボーラー、ワイルドワンダー。2歳牝馬のエーデルワイス賞・GIII(10月11日旭川・1600m)には、サマーエタニティー、メジロシーゴーが選ばれました。ようやくの再開決定で、関係者もほっとしているんじゃないでしょうか。

そして、スプリンターズSに登録のあった、メイショウカイドウ(牡8・坂口正)が、現役を引退することになりました。JRA通算43戦11勝(重賞5勝)。乗馬になる予定ですが、松本オーナーは、重賞4勝を挙げた、小倉競馬場の誘導馬になる事を、希望しているそうです。是非かなえて欲しいですね^^。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月23日 (日)

今日(9月23日)の回顧

好メンバーが揃った、菊花賞TRの第55回神戸新聞杯を制したのは、武豊騎手を、鞍上に迎えた、2歳チャンプ、ドリームジャーニーでした。阪神2400mにしては、早いペースでレースが進む中、ほぼ最後方といった位置取り。直線大外から、豪快に差し切りました。2着には、2番手から抜け出した、アサクサキングス。こちらも、ほぼ完璧なレース運びでしたね。3着は、道中掛かり気味ながらも、しぶとく伸びたヴィクトリーが入り、この3頭に菊花賞の優先出走権が与えられました。1着のドリームジャーニーは、コレしかないというレースが出来ましたね。土日10勝の武豊騎手に導かれ、すばらしい末脚を披露してくれました。2400mを克服した事で、菊花賞に向かうのでしょうが、やはり、3000mは厳しいような気がしますね。道中ついて回って、直線勝負になるでしょうか。ベストは1600m~2000mでしょうが、菊花賞でも、凄い脚を見せて欲しいですね。3着のヴィクトリーは、道中掛かるのを必死で抑えながら、の競馬でした。このレースは、今後に繋がるレースになったんじゃないでしょうか。そして、フサイチホウオーは、外目追走も直線伸びず、12着に終わりました。???って感じでしたね^^;。距離の問題なのでしょうか。馬体に問題は無かったような気がします。今後のレース選択に注目です。私の本命、ヒラボクロイヤルは、直線外から伸びるも7着まででした。勝ち馬以外は、内を回った先行勢が残る展開を考えると、悲観するほどではないと思います。昨日も書いたとおり、馬群を割る根性がある馬だと思うので、出来れば内枠が欲しいですね。本番に期待したいと思います。

続いては、中山で行われた、第53回産経賞オールカマーです。平均ペースでレースが流れる中、3,4コーナー中間からシルクネクサスが一気に先頭に踊りだし、連れて上がっていった、マツリダゴッホがシルクネクサスとの叩きあいを制し1着。2着には、シルクネクサス、3着は直線外から伸びた、エリモハリアー。しかし、マツリダゴッホは中山2200mだと、別の馬みたいに走りますね^^;。2着のシルクネクサスですが、出来のよさもあったのでしょうが、鞍上の北村友騎手の好騎乗でしたね。2年目の今年、すでに42勝(9月18日付け)を上げ、リーディング17位につけています。注目の騎手の一人ですね。そして、2番人気のサンツェッペリンは、本来の出来には無かったのか、先行したものの、勝負どころでついて行けず、9着に敗れています。巻き返しに期待したいですね。私の本命、ブレーヴハートは直線外に出し、追い上げるも7着でした。力は、出し切ったように思います。

今日の注目馬 中山9Rスプリングタピアンは、直線入り口で、前がふさがり気味になった以外は、理想的な競馬でした。差し馬向きのペースになったのも痛かったですね。次走も引き続き注目です。中山10Rホウショウルビーは、出来が落ちてきているのでしょうか、本来のスピードが見られず、直線差してきたものの6着でした。次走以降は気配に要注意ですね^^;。阪神7Rタガノプレジールは輸送が苦手なようで、-10キロ^^;。果敢に先行しましたが、12着でした。滞在競馬向きでしょうか。札幌12Rファンドリゲットは、好スタートを切ったものの、抑えた事が裏目に出ましたね。11着に終わってしまいました。次走人気を落とすようなら、また狙ってみたいと思います。

今日も武豊騎手が5勝と、止まらなくなってきた印象です。岩田騎手との差が僅かに3勝にまで、迫って来ました。来週から、岩田騎手が、騎乗停止(開催4日間)のため、トップに立つのは、確実でしょう。岩田騎手にも、盛り上げる為に頑張って欲しいですね。(武豊騎手に付いて行くのは、大変でしょうが^^;)そして、残念なことに、阪神1Rで、横山典騎手が騎乗停止の処分を受けてしまいました。開催4日間だそうです。そして、こちらは嬉しいニュースが2つ。まずは、スポニチの武豊騎手のコラムによると、落馬負傷(肋骨骨折)で休養中の武幸四郎騎手が京都開催(10月9日)から復帰出来そうとのことです^^。2つ目は、札幌2Rをウインギガシャトルで制した、池江泰郎調教師がJRA通算700勝を達成されました。現役5人目、通算42人目だそうです。おめでとうございました。

いよいよ来週から、GIが始まりますね。これから、年末までは早いですからね^^;。1週間鋭気を養ってまた、来週頑張りましょう^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

今日の回顧と明日(9月23日)の競馬

まず、阪神4Rで落馬負傷した、熊沢騎手の情報から。診察の結果、左鎖骨骨幹部骨折、左第1,3、4肋骨骨折、第4、第5胸椎骨折と診断されました。障害着地の際に、他馬に関係なく躓いの落馬でした。これによって、明日の騎乗4鞍も乗り代わりになっています。早い回復を待ちたいですね。

阪神では、武豊騎手が5勝をマークしましたが、対照的に岩田騎手は、2勝を上げたものの、札幌12Rで、騎乗停止の処分を受けてしまいました。どうも、リズムが良くないでしょうか。期間は開催日4日間です。また、中山では、松岡騎手が3勝、阪神でも川田騎手が2勝と好調をキープしていますね。今は、馬の実力以上を引き出しているように見えますね。そして、阪神5R新馬(芝・1200m)を勝った、ラベ(牝・橋口)は、強かったですね。しかも、まだフラフラしたり、遊びながら走っているようでした^^;。今後に注目ですね。

それでは、レース回顧に。まずは、中山11RのながつきSから。マイネルテセウスが逃げ、オメガエンドレスがつつく展開。終始、速いペースで進み、先行勢が崩れる中、馬群を縫うように差して来た、テイエムファンキー(11番人気)が1着。2着には、中団から差した、ガイアレーサー。2走前、地方の今野騎手が乗ってから、馬が変わったみたいですね^^;。安定して走れるようになって来ました。3着には、先行勢で唯一粘った、オメガエンドレス。なかなか強い競馬で、次走に注目ですね。私の本命サトノスローンは、先行するも、途中から手応えが悪くなり、そのまま、12着、大敗しました。唯一連を外したレースと同様に砂を被るレースになった事が、敗因でしょうか^^;。外目すんなりのレースが出来れば変わってくるかもしれません。

阪神11R大阪スポーツ杯は、好スタートから、すんなり逃げたクィーンオブキネマが1着。すばらしいスピードでした。ただ、ベストは1200mのような気がしますが^^;。2着には、中団から差して来た、メイショウシャフト。小回りコースの先行タイプと、思っていましたが、新しい面がでましたね。3着は、ビッグホワイト。私の本命のアグネストラベルは、スタートの後手がすべてですね^^;。次走の巻き返しに期待です。

札幌11R藻岩山特別は、中団から、直線抜け出した、フミノサチヒメが1着。父のタイキシャトル産駒は、今日4勝(阪神11Rなど)の活躍でした。差して来た、ピエナビーナスが2着。私の本命マイネルパシオンは、3着でした。前走もそうでしたが、ややジリッぽい面があるようです。勝てそうな勢いから、ジリジリとしか伸びませんでした^^;。1番人気のアドマイヤディーノは、出遅れが響き、8着に終わりました。次走の巻き返しに注目です。

今日の注目馬 中山9R汐留特別⑩サラトガティプトンは、スタート一息で、やや、抑えきれずに3番手に押し上げて行って、直線ジリジリという感じで、4着でした^^;。ペースが遅かったので、押し上げていったのは間違いじゃないと思います。もう少しスムーズに走れれば、このクラスはすぐに抜けれるでしょうね。中山10R九十九里特別⑧コスモグルミットは、菊花賞に出る為に、勝ちに行った結果の4着だと思います。上位3頭が後方からの、競馬だった事を考えると、悲観する事は無い結果だと思います。欲を言えば、もう少し力を抜いて走れるようになればもっといいですかね^^;。阪神8R②ベルルノワールは、向こう正面で狭くなる不利もあり8着に終わりました。力を出し切っての結果とは、思えませんので、すんなりとしたレースで、巻き返しに期待したいですね。

それでは、あすのレースに行きましょう。中山11R第53回産経賞オールカマーです。ここは、週初めの狙いどうり、ブレーヴハート本命でいきます。前走、開幕週の馬場で、最後方から見せた脚を信じます。距離も200mでも伸びるのはプラスと見ます。デルタブルースの回避で騎乗馬が無くなった、川田騎手を確保したのも大きいですね^^。単複で勝負ですが、いちを相手には、中山2200m得意のマツリダゴッホ、調教で動いた、ネヴァブション、勢いのあるダイイチアトムなど、①②④⑥⑨⑫⑬⑮へワイドで。

阪神11R第55回神戸新聞杯は、2400mでの実績を見直して、ヒラボクロイヤルから行きたいと思います。(応援の意味が多いですが^^;)馬群を縫う根性もあるので、外ではなく中を抜けてきて欲しいですね。相手には、①⑧⑨⑫⑬⑭へワイドで。

明日の注目馬 中山9R⑤番スプリングタピアン。中山1200mなら、崩れはなさそうです。中山10R⑦番ホウショウルビー。前走は、前残りの展開の中、動けない位置に入ってしまい、直線も狭いところを突くレースでした。すんなりなら。阪神7R⑰番タガノプレジール。距離延長と、減量騎手起用で。札幌12R①ファンドリゲット。昇級も好枠と53キロなら、即通用。

それでは、明日も良い馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

明日(9月22日)の競馬

まず、左前浅屈腱炎の為、オールカマーを回避した、マイネルレコルト(牡5・堀井)が引退することになりました。今後は馬事公苑で乗馬になる予定だそうです。(JRA通算19戦4勝。04年GI朝日杯FSを含む重賞2勝)また、同厩舎のマイネルモルゲン(牡7)も、第一趾骨骨折の為、引退し、中山中山競馬場の乗馬センターで、乗馬になるそうです。(JRA通算37戦7勝。04,05年京成杯AH連覇など重賞3勝)。また、マイソールサウンド(牡8・西浦)も9月20日付けで登録を抹消されました。今後は京都競馬場で乗馬になる予定。(JRA通算47戦8勝。05年阪神大賞典GIIなど、重賞5勝。)お疲れ様でした。これからは、ゆっくり過ごして下さいね。

では、明日のレースに行きましょう。その前に中山の芝コースが今週からCコースに、また、阪神の芝コースがBコースに変更されています。(メインはどちらもダートのレースですが^^;)中山11RながつきS(3歳上1600万・ダート1800m・ハンデ)が行われます。ここには、前走ピサノデイラニに勝った、マイネルテセウス。そのマイネルテセウスに勝ったサトノスローンが出走します。ハンデ戦でもあり、非常に難解なレースになってますね^^;。その中から、2走続けて好時計で走っている、サトノスローンを本命にします。相手は1,2,7,14,16へワイドで^^;。特にチザルビーノが気になります^^;。

阪神11Rは、大阪スポーツ杯(3歳上1600万・ダート1400m)です。こちらも混戦模様ですが、阪神1400mで見直せる、アグネストラベルから行きたいと思います。相手は、1,3,5,9,11へワイドで。

そして、札幌11Rは、藻岩山特別(3歳上1000万・芝1500m)です。頭数は少ないですが、なかなか好メンバーですね。本命には、マイネルパシオンを挙げます。前走は休み明けのせいか、勝負どころでモタモタしていましたが、2走目は変わるはずです。相手は1,4,7,8へワイドで。

明日の注目馬には、中山9R10番のサラトガティプトン。2走目で変わってきそうです。10R8番のコウモグルミット。こちらは、神戸新聞杯を見送っての参戦ですね。2走前が、かなり強い競馬でした。距離が伸びるのも買い材料ですね。あと、阪神8R2番のベルルノワールは、このメンバーなら、即通用でしょう。相手は外枠2騎でしょうね。

GI情報 4戦無敗でセントライト記念を制した、ロックドゥカンブが菊花賞に向かいます。鞍上は、そのまま、柴山騎手が務めます。ラジオNIKKEI賞、セントライト記念と文句の無い騎乗だったので、当然でしょう。無事に出走して欲しいですね。

秋華賞から始動するウオッカ、天皇賞・秋からのメイショウサムソンが20日、調整を開始しました。こちらも、無事に出走して欲しいですね。

それでは、よい馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

デルタブルース出走回避

オールカマーに出走予定だった、デルタブルースが左前脚にフレグモーネを発症した為、出走を見合わせることになりました。幸い症状が軽かったようで、目標を京都大賞典に変更して、調整されるようです。個人的には200mでも、距離が長くなる方が、この馬には、いいのではないかと思いますね。その他、トウショウナイトは調整遅れのた為、京都大賞典に変更。マイネルレコルトは、追い切り後、脚部不安を発症、左前浅屈腱炎と診断されました。前回の右前脚に続き、これが2度目の発症になります。非常に残念ですね。休養期間は約9ヶ月の見込みだそうです。

一方、神戸新聞杯に出走する、アサクサキングスの鞍上には、四位騎手。新馬戦1着、ラジオNIKKEI杯5着以来の騎乗になります。同じくヒラボクロイヤルには、鮫島騎手が騎乗するそうです。折角のチャンスですから、思い切った騎乗をして欲しいですね^^。その他、ウインボールドはHTB賞、コスモグルミット、マイネルクルーガーは九十九里特別に向かうそうです。

ジャパンカップDを制してから、休養していたアロンダイトが、ハンデ次第と条件付きながら、29日阪神で行われる、シリウスS(G3・2000m)で復帰しそうです。このレースには、先週エルムS、3着のロングプライドも出走予定なので、対決が楽しみですね^^。

ジャパンカップDと言えば、来年から阪神で行うことが、検討されているようです。WSJSが行われる、1週目に開催される事で、有力ジョッキーの騎乗が増え、ブリーダーズCからの、間隔も開き、距離も2000mで行えるという利点があるようです。ちなみに、阪神JF、朝日杯FSは1週ずつずれ、エリザベス女王杯から有馬記念までGI、7連続開催になるようです。個人的には、阪神でGIが増えて嬉しいですね^^。ただダートのGIが2つとも、スタートしてから、しばらく芝を走るコースになってるのは、変だと思うんですが^^;どうでしょうか?(阪神開催が決まればですが)。

そろそろ、GIの情報が色々と出だしましたが、秋華賞に出走予定のピンクカメオの鞍上に、後藤騎手が決まりました。当初、大井所属の内田博騎手に騎乗依頼をしていましたが、馬インフルエンザの影響で、地方騎手の中央騎乗が難しい為、後藤騎手に白羽の矢が立ちました。2強を、おびやかすような騎乗を期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

中山では、オールカマー

古馬のGIシリーズに向けてのステップレースに今年は、皐月賞2着馬サンツェッペリンが挑戦してきますね。馬インフルエンザの影響で帰厩が遅れた為、セントライト記念には、間に合わず、神戸新聞杯では、関西遠征の疲労が残る事を考慮しての参戦のようです。迎え撃つ古馬陣は、GIホースのデルタブルースやAJCC杯を制したマツリダゴッホ、日経賞を制したネヴァブション、函館記念3連覇のエリモハリヤーなどが登録されています。その他では、朝日CCで注目馬に挙げたタマモサポート、賞金的に微妙ですが、出てくれば面白そうなブレーヴハート辺りが注目です。

それからアイルランドでシンコウフォレストの弟ニューアプローチ(父・ガリレオ)が無傷の4連勝でGIのナショナルS(2歳・牡牝・7F)を制したそうです。日本で活躍した馬の兄弟が活躍すると嬉しいものですね。当のシンコウフォレストはアイルランドで種牡馬になっていて、コンスタントに活躍場をだしているそうです。

また、04年阪神JFを制したショウナンパントル(牝5・大久保洋)が9月15日付けで登録を抹消されました。北海道平取町のスガタ牧場で繁殖馬になる予定だそうです。いい仔をたくさん出して欲しいですね^^。お疲れ様でした^^。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月18日 (火)

今週は神戸新聞杯

日曜に阪神で菊花賞TRの神戸新聞杯が行われます。先週のローズSに続いて、こちらも距離が2000m→2400mに変更されています。阪神の2400mのレース傾向としては、逃げが決まっておらず、差し追い込みに有利となっているようです。

ヴィクトリーには、岩田騎手。春の雪辱を期すフサイチホウオーには、安藤勝騎手。そしてドリームジャーニーには、武豊騎手が騎乗します。鞍上の闘いにも注目です。

ヴィクトリーは馬インフルエンザの影響で、予定より2週間遅れの帰厩となった為、仕上がり途上の様子です。栗東に残って調整を続けていた、フサイチホウオーは順調な調整が出来ているみたいです。ドリームジャーニーはこの一戦で今後のレース選択(天皇賞・秋、マイルCS、菊花賞)変わってくるようです。武豊騎手とは、手が合いそうなので楽しみですね。その他。青葉賞を制した、ヒラボクロイヤル(個人的に応援^^.春はずっと追いかけてました^^;菊花賞向きなんじゃないかと、思っていますが、今回もチャンスあり)。タスカータソルテ、アサクサキングスなどが出走予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

今日の回顧(9月17日)

ながーい三日間がようやく終わりましたね^^;(本音^^;)。週末に入る辺りまでは、楽しみだったのになぁ~。やはり競馬は二日間の方が集中出来ていいですね。馬券的には、今日が一番良かったんですが^^;。

まずは、札幌で行われたエルムSから。レースは予想どうりフサイチパンドラが逃げ、2番手にマコトスパルビエロ、3番手、内々にロングプライド、先団を見る形で、メイショウトウコンといった展開。3,4コーナー中間からマクリ気味にメイショウトウコンが進出し、直線向く頃には、先頭に立ち、そのまま突き放すといった強い内容でした。池添騎手の好判断だったのではないでしょうか。札幌ダートとの愛称の良さも味方しましたが、それにしても強い内容でした。2着にはマコトスパルビエロ。こちらは、今出来がいい事もあるのでしょうが、レースのしやすそうな馬で、今後もコンスタントに活躍しそうですね。私の本命のロングプライドは3着。3,4コーナーレースが動いた所で、やや反応が悪く、直線向いてから外に出し、ジリジリ伸びての3着。小回りの1700mはいかにも無かなそうなレース振りでした。広いコースに変われば、また変わってくるでしょう。果敢にダートに挑んできたフサイチパンドラは11着。出来れば芝路線で^^;。

また阪神で行われた、エニフSは、逃げたサンライズキングがメイショウサライの急追をハナ差しのぎ1着。メイショウサライが2着。こちらは、内枠が響きましたね。直線外に出すのに、少し手間取りました。しかし、1400mまたは1600mあたりなら重賞も取れるチャンスがあるんじゃないでしょうか。私の本命ミリオンベルは11着。良いところがありませんでした^^;。3着のワキノカイザーは出来が良く、短距離ダートならしばらく注目ですね。

注目に挙げた、阪神7Rゲットブラックは4着でした。先行勢総崩れの中、唯一踏ん張りました。やはりこのクラスはすぐに勝ち上がるでしょう。京都の1200mなんか、ピッタリじゃないでしょうか。もう1頭阪神11Rトップディアマンテは2着でした。勝ったのはシェルズレイですし、岩田騎手も絶妙な騎乗でしたから、しかたありませんね。トップディアマンテは、鋭く伸びる脚はありませんが、バテずに最後まで伸びるタイプなので、早めに抜け出して、粘りこむレースになると勝機がありそうです。その点では、阪神の1800mはあまり向いていない条件かもしれませんね。そんな中、よく頑張って2着争いを制しました。次走以降も注目したいと思います。

次の週末はすぐにやってきますね。それでは、一週間頑張りましょう^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

今日の回顧と明日(9月17日)の競馬

2頭の有力馬が本番に向けて、万全のレースで快勝しました。まずは、セントライト記念から。私の本命アップルサイダーがやや速いペースでの逃げ(予想外^^;)。クランエンブレム、スクリーンヒーローが早めの競馬。それらを見ながらロックドゥカンブは好位で慌てず騒がず、直線すっと抜け出し快勝。2着には、後方待機から直線内にもたれながらも、いい脚で追い込んだ、ゴールデンダリア。3着に好位から粘りこんだスクリーンヒーローが入り、この3頭が菊花賞の優先出走権を獲得しました。ロックドゥカンブは、すっと好位につけれますし、掛かるところもなくすんなり折り合えますし、抜け出す脚もすばらしく、3000mでも、力をだせるんじゃないでしょうか。菊花賞の有力候補に名乗りをあげましたね。(今の時点では、ほぼコレで決まりかなと思ってますが^^;)。期待したアップルサイダーは、1800m~2000mの自己条件に出てくれば又狙ってみたいと思います。クランエンブレムは、やや、仕掛けが早かったですかね。馬が落ち着いてくれば、まだまだ、上を目指せる馬だと思います。しばらくは注目してみたいですね。

続いてはローズS。ダイワスカーレットとベッラレイアの勝負に期待がかかりましたが、思った以上にダイワスカーレットの能力が高すぎましたね。本番距離が伸びますし、武豊騎手が又乗るとなると、何か作戦を考えてくると思いますが、ちょっと逆転は難しいかなと思える内容でした。ん~残念^^;。3着のレインダンスまでが秋華賞の優先出走権を獲得しました。いずれにせよ、どの馬も無事に本番を迎えれるといいですね^^。

注目馬に挙げた中山8Rのアポロキングダムはジリジリとしか伸びず、4着。力は出していたと思います。中山10Rのトウセンセイントはスタートがイマイチで中段からの競馬で力を出し切っていないと思いますので、次走すんなりならといった感じでしょうか。そして阪神7Rのラフィナールは後方から外を回り直線、川田騎手の手綱に応え、ゴール直前コスモパムドール(1番人気)を交わして1着でした。-16キロだった為、次走は微妙な感じですが、今日はすばらしい脚でした^^。このラフィナールの勝利で、管理される、安田隆(栗東)調教師が通算300勝を達成されました。おめでとうございました。

さて、明日は3連続開催の最終日です。札幌でエルムSが行われますね。札幌は天気が回復しているようですが、どこまでの馬場になるでしょうね。そしてここには、異例のローテーションで望む、フサイチパンドラやジャパンDD3着のロングプライド、平安Sを勝った、メイショウトウコンなどが出走します。この中から、まだ底を見せていないロングプライドを本命にしたいと思います。

そして、阪神のメイン10RエニフSは、8番ミリオンベルでいきたいと思います。このメンバーなら3着はありそう^^;。単複で。

明日の注目馬には、阪神7R4番ゲットブラック(ここも通用)。阪神11R1番トップディアマンテ(函館で力つけ)。この2頭を挙げておきます。特にトップディアマンテは函館でのレースがすばらしかったので、追い続けたい一頭です。

それでは、明日もよい馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

今日の回顧と明日(9月16日)の競馬

いやー中山10Rのピサノデイラニは強かったですね^^;。掛かり気味に向こう正面で先頭に立ち、4コーナーからゴールまで追うところなく、余裕の1着でした。横山典騎手なんか、オーロラビジョンで後続を確認する余裕でしたからね。タイムも1.52.5と優秀でした。ジャパンCDに間に合うかは分かりませんが、いずれはGIを取れる器だということを証明するかのような勝ちっぷりでした。

中山11RのセプテンバーSは一番人気のドラゴンウェルズが中団から直線一気に刺しきって1着。これも余裕のある勝ちっぷりでした。しかし今日の中山は一番人気が強かったですね。6勝2着が3回でした。そして私の本命のプリンセスルシータは好スタートから先行し直線ジリジリと伸び6着でした。次走はと思わせる内容でした。

雨の中行われた札幌11Rおおぞら特別(重)は2番人気のユキノマーメイドが2番手から抜け出し快勝。この夏の北海道シリーズでは、コンスタントに能力を発揮出来ていますね。ハギノルチェーレは雨が影響したのか、早めの競馬が合わないのか、直線伸びずに5着。私の本命ミルクトーレルは、これも雨の影響かそれとも久々が響いたのか良い所なく9着に終わりました。次走を注目してみたいと思います。

札幌の芝は見た目は綺麗ですが、さすがに外目を走らせるジョッキーが増えてきましたね。そして雨で前残りが多い一日でした。

注目していた、札幌8Rのファンドリウェーブは2番手から直線突き放すレースで快勝。次走も楽しみです。もう1頭、中山7Rのラッシュモアは3コーナーからマクリ気味に上がっていき直線もジリジリとしか伸びず4着でした。このレース振りだと、しばらく時間がかかるかなといった感じですかね。

それでは、明日の競馬です。まずはセントライト記念から。ここにはロックドゥカンプは別にして、注目したい馬が2頭います。まずは6番アップルサイダーです。新潟の2走の勝ちっぷりがすばらしく、注目していました。この相手ならいい所があるんじゃないでしょうか。もう1頭は12番クランエンブレムです。ラジオNIKKEI賞では、ややスムーズさを欠くレースになりましたが、2走前の勝ちっぷりが忘れられません。ここは、この3頭を絡めた馬券で勝負したいと思います。

そして阪神で行われるローズSですが、やはり見るレースでしょうか^^;。秋華賞に向けて、ダイワスカーレットとベッラレイアのレースに注目でしょう。特に武豊騎手に乗り換わるベッラレイアのレース運びに注目です。

そして今日の注目馬は阪神7Rの15番ラフィナーレと中山8R8番アポロキングダム、10R1番トーセンセイントをあげておきます。

それでは、明日もよい馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

明日(9月15日)の競馬

変則3日間開催の初日、重賞はなく中山、札幌の2場の開催になります。3日間乗り切る為にもしっかり稼いでいきたいですね。

まずは、中山11RセプテンバーS(3歳上1600万、芝1200m)からです。ドラゴンウェルズ、クリノワールドあたりが人気になるでしょうか。しかし、ここは休み明けのプリンセスルシータからいってみたいと思います。メイショウドトウの半妹らしく、徐々に力をつけ、短距離では、コンスタントに力を発揮出来る様になっています。休み明けから期待です。12から1,4,10、11,15へワイドで流します。各100円。(あはは、少な!)

次は札幌11Rおおぞら特別(3歳上1000万牝馬限定、芝1800m)です。ここには、春のクラッシック路線を湧かせた馬が2頭、出走しますね。レースはスルーレートが逃げ、ユキノマーメイドが2番手で折り合うでしょう。力上位のハギノルチェーレとミルクトーレルがどこまで差し込むかになりそうです。6から1、3,9,10,11へワイドで流します。各100円。

そして明日の気になる馬は、札幌8R10番ファンドリウェーブと中山7R1番ラッシュモアです。複勝かワイドでいってみたいと思います。(メインよりも、こっち勝負かも^^;)

それでは、みなさん良い馬券を^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

今度は藤田騎手が・・・

武幸四郎騎手が退院というニュースの後に、今度は藤田騎手が札幌競馬場の調整ルームで転倒し、右肩鎖関節亜脱臼、右肩関節挫傷の怪我というニュースが届きました^^;。今週の騎乗は見合わせるそうです。みなさん、くれぐれも怪我には気をつけてくださいね。

藤田騎手といえば、騎乗停止から始まった2007年ですが、先週までで、すでに82勝をマーク。リーディング6位につけています。男は黙って結果で勝負といったところでしょうか。

もうひとつ残念なニュースがあります。屈腱炎からの復帰を目指していたカネヒキリ(牡5・角居)が、屈腱炎を再発してしまいました。再起を目指してノーザンファームに放牧に出されました。復帰には1年近くかかる見込みです。引退させるのもひとつの方法かとも思いますが、関係者には、まだ力を出し切れていないという気持ちなのでしょうかね。なんとか復帰できるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

ゴールデンキャスト引退

ゴールデンキャスト(牡7歳・橋口)が9月12日付けで競走馬登録を抹消されました。先週のセントウルSが最後のレースになりました。競走成績は47戦8勝うち重賞2勝(04,05セントウルS)。獲得賞金は271,456,000円。2歳時の故障以降タフに短距離路線を湧かせてくれました。天気に泣かされた馬でもありましたね^^;出走すると、雨や、降らないまでも天気がぐずついたり、滑る馬場になる事が多かったように思います。ゴールデンキャストのベストレースはやはり2歳のききょうSでしょうね。たしかレコードも出したように記憶しています。今後は栃木県の木幡装蹄所で乗馬になる予定だそうです。同じく橋口厩舎のツルマルヨカニセも12日付けで登録抹消され乗馬に。05年かしわ記念GIを制したストロングブラッドも9日付けで登録抹消、乗馬(馬事公苑)になるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

ローズS 1800mって・・・

今週末、阪神でローズSが行われますが距離がどっからどう見ても1800mってかいてありますね^^;気づきませんでした^^;。そういえば紫苑Sは2000m・・・。入れ替わったのか・・・。競馬をやってるとこういうことが度々ありますよね^^;。先週のセントウルSがGIIって事も気づきませんでした^^;。ん・・・良く見ると去年からGIIじゃないですか^^;。良く考えたら去年の今頃は競馬やってませんでした・・・・。まあ、それはいいとして短くて長い、もしくは長くて短い1ハロンの変更がどう影響がでるかたのしみですね。ベッラレイアは鞍上に武豊を向かえ、必勝体制で臨んできますね。秋山騎手には残念な乗り代わりですが^^;。迎え撃つ桜花賞馬ダイワスカーレットは桜花賞以来の競馬になりますが、どのようなレースを見せてくれるかたのしみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

武幸四郎騎手、肋骨骨折

昨日の札幌9R利尻特別でスタート直後に馬が躓き落馬した、武幸四郎騎手ですが、左肋骨骨折、全身打撲、左肺挫傷と診断されました。手術はせずに、治療するそうです。早く治してターフをまた湧かせてもらいたいですね。土曜には、福永騎手が腹部を馬に蹴られ、乗り換わっていましたし、少し前ですが、四位騎手の骨折など怪我が多くなっているので、気をつけて欲しいですね。やはり、出走表に名前がないと何か物足りない感じがしますもんね。

追記9月26日 9月23日のスポニチの武豊騎手のコラムによると、落馬負傷(肋骨骨折)で休養中の武幸四郎騎手が京都開催(10月9日)から復帰出来そうとのことです^^。思ったより早い復帰になりそうで良かったですね^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

今日の回顧(9月9日)

まずは、武豊騎手の年間100勝達成の話題から。阪神5R新馬戦をツルマルストームで制し、岩田騎手に続き、年間100勝を達成しました。02年以降6年連続、通算18度目となります。例年よりやや遅めの達成となりましたが、ここに来て調子が上向きのようですし、岩田騎手が騎乗停止の間に何勝差にまで詰め寄れるかたのしみですね。年末は2人のリーディング争いが白熱しそうですね。

札幌では、池添騎手が12Rをタバスコムスメで制し、昨日の秋山騎手に続き500勝を達成しました。

さて、京成杯AHは、混戦の中、好枠をうまく生かしたキングストレイルが好位から抜け出し快勝しました。馬の強さもさることながら田中勝春騎手の好騎乗だったのではないでしょうか。2着にはカンファーベスト、3着はマイネルシーガルが入りました。マイネルシーガルは外枠がひびきましたね。私の本命マイネルレコルトは7着^^;力は出し切ったようにおもいます。

一方、阪神で行われたセントウルSはサンアディユが番手から直線抜け出し、圧倒的な強さで快勝。川田騎手が勝利インタビューで前半掛かり気味だったと言っていたのですから、折り合えばどうなるのか恐ろしいぐらいですね。この勝利でスプリンターズSの有力候補に名乗りを挙げました。2着にはカノヤザクラ、3着は一番人気のキンシャサノキセキが入りました。私の本命アグネスラズベリは-20キロが響いたのでしょうか、良い所なく9着に終わりました。残念^^;しかし、サマースプリントシリーズを十分に盛り上げてくれたのではないでしょうか。このレースの結果サマースプリントシリーズを逆転でサンアディユが制しました。そして、サマージョッキーシリーズは角田騎手が逃げ切り、年末のWSJS出場の権利を獲得しまた。角田騎手は大舞台に強いジョッキーなのでいい騎乗を期待したいですね。

サマースプリントS                               サマージョッキーS

1.サンアディユ     23P                      1.角田    25P

2.アグネスラズベリ  16P                       2.藤田    20P

3.クーヴェルチュール 14P                       3.岩田    17P

4.キョウアロアリング 11P           4.吉田豊   16P

5.アルーリングボイス  9P                        5.後藤    15P

以上のような結果になりました。いろいろと問題はあるかもしれませんが、サマーシリーズを盛り上げるために是非来年以降も続けて欲しいと思います。                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

今日の回顧と明日の競馬

中山9R白井特別をマイネルキーロフで制した中村均調教師がグレード制導入以降初となる11週連続勝利という快挙を達成しました。これは、なかなか破られない記録になるでしょうね。今後も記録が伸びる事を期待しましょう。中村調教師、おめでとうございます。

そして、阪神10R夙川特別をハーベストシーズンで制した秋山騎手が通算500勝を達成しました。まだまだ通過点の記録でドンドン伸ばしていってくれるでしょう。秋山騎手、おめでとうございます。

秋華賞TRの紫苑Sは、アルコセニョーラが好位から抜け出し快勝。2着には直線馬群を縫って追い込んできたラブカーナが入った。1番人気のミンティエアーは9着に敗れました。私の本命クロコレーヌは振るわず16着。4コーナーあたりで頭を上げて走っていたので、無事ならいいんですが。いちを入線してるので大丈夫でしょう。

朝日CCは復活を思わせる末脚でインティライミが制しました。一昨年の京都新聞杯以来の勝利となりました。2着も追い込んだブライトトゥモロー。私の本命タマモサポートは直線失速し、6着でした。4コーナーを回ってくる時は抜群の手応えでしたが距離が微妙に長いのでしょうか。

中山6R未勝利戦を制したジャガーメイルはなかなかの勝ちっぷりで今後注目したい一頭です。

明日はセントウルSと京成杯AHが行われます。どちらもなかなか難解なレースになってますね。まずセントウルSですが、スプリンターズSまで付き合うつもりのアグネスラズベリでいきます。そしてメイショウトッパーも少し^^;これも応援ですが^^;

京成杯AHは、マイネルレコルトの復活に期待。中山1600Mは得意な条件だと思います。

それでは、明日もいい競馬が見られる事を期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

朝日CC

明日は阪神競馬場で朝日チャレンジカップが行われます

朝日CCといえば、1994年の中京で行われたツルマルガールの勝ったレースを思い出します

当時4歳牝馬(現3歳)だったツルマルガールが、武豊を背に並居る牡馬陣を蹴散らし

武豊騎手に通算900勝目の勝利をもたらしました。

さて、明日の朝日CCはちょっと寂しい頭数ですね

個人的にはタマモサポートに期待しています

いずれにせよ、激しいレースを期待しましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年10月 »